AIで進化するマッチングサービスとは?おすすめの転職エージェント

おすすめ転職支援サイト一覧

転職活動において転職エージェントを上手に活用することが、良い結果を得るためには欠かせません。人材紹介会社が提供してくれている転職エージェントサービスは非常にありがたいものです。自分で一社一社、HPから探して応募することと比べ、求人情報をサイトに集約してくれてそこへのアクセスを無料で提供してくれ、さらにエージェントがアドバイス、提案までしてくれるサービスは付加価値が高いものです。


 
さらに求職者はそのサービスを受けて、自分にぴったりの会社と出会うことを期待しています。つまり次にマッチングの精度が大事になってきます。当然、転職エージェントが間を取り持って、最適なマッチングをしてくれれば何も問題はありませんが、次に上げる要因があり、理想通りにはいかないのが現実です。

 

1. 転職エージェントが求人会社、求職者の各々のニーズ、情報をつかんでいない、つかむことができずに(能力、スキル的に)、結果としてアンマッチが発生してしまう
 
2.求人会社からフィーをもらうビジネスモデルであるがために、求職者側本位の提案ができずにアンマッチが発生してしまう

 

具体的には、求職者が転職しないことにはエージェントはフィーをもらうことができないため、エージェントは最適なマッチングよりも 当てはめる、転職先が決まることを最優先に考えてしまう傾向になります。

 

良くある事例としては、エージェントが希望年収を聞いて、適性を考えずにその年収に当てはまる求人を紹介することが挙げられます。私自身、このようなことは多々経験しました。一瞬でエージェントのレベルの低さが伺えますよね。

 

必ずしもこのようなエージェントばかりではありませんが、エージェント個人としては違和感を覚えながらも 組織的に動かざるを得ないケースもあるはずです。以上のようなマッチングに対する問題に対して、AI 、ビッグデータというテクノロジーの仕組みを使って対処しようとする動きが最近現れてきています。

 

dodaのAI

dodaはインテリジェンスAIを導入し、過去の利用データを基に年齢、性別、経歴などを分析し、求職者ごとに最適な求人を提案する機能を改善しています。それにより、あまり利用実績のない登録者にも提案をできるようにしています。


 
エン転職のAI

またエンジャパンは運営する口コミサイトと求人情報を連携させて、あらかじめ会社の実状を知って応募をしてもらい転職後のミスマッチを解消しようとしています。さらに過去応募で縁のなかった応募者を、SNSを通して現在の情報を把握し状況により再度、転職提案する機能を開発して実行している会社もあります。


 

 

AIなどに限らなくても、オンラインでエージェントと面談できるサービスなどエージェントサービスは確実に利便性は高まっています。人間の主観による採用の限界を補完してミスマッチが減らせるようなれば、転職エージェントを活用した転職支援のレベルが上がり、より適性な会社、仕事に出会える確率が高くなります。 これから転職活動をする際にはサービスの進化を注視しながら、積極的にエージェントサービスを活用していくことが良い結果に結びついていきます。
 


中途採用で定評の高い転職エージェントをご紹介します。転職エージェントに登録すれば、自分の労力が格段に減る一方で好条件の転職先が見つけ易くなります。企業の内部情報なども手に入り、直接は伝えづらい給与交渉も代わりに交渉してもらえます。複数登録すれば、転職成功率も上がりスピードアップに役立ちます。
 










ピックアップ記事

関連記事一覧

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.