SANKYO【機械設計】の中途採用転職事情~選考プロセスや年収など~

関東地方の求人事情

株式会社SANKYOは東京都渋谷区に本社を構えており、パチンコやスロットの筺体を製造・販売している企業です。業界内では最大手となっており、新しい試みに取り組んだ筺体を開発するとともに、近年ではアニメや漫画の人気キャラクターとタイアップしながら新しい台をリリースしています。アニメ映画の公式スポンサーとなったり、頻繁にTVコマーシャルを流していたりするので、パチンコやスロットに縁がなくても、社名を知っている方は多いのではないでしょうか。


 

SANKYOの中途採用情報と選考プロセス

2017年4月現在、機械設計・研究開発のキャリア採用について、下記の職種を対象に公式ホームページ上で募集しています。

[募集中の職種一覧]

・パチンコ、パチスロの機構設計業務

希望する職種があった場合、履歴書(写真必須)と職務経歴書(書式自由)を同封し、本社の総務部人事課へと郵送します。その後、書類選考と3度の面接を経て内定が出る流れとなっています。

 
 

SANKYOの年収事情

yahooファイナンスの調べによると、SANKYOの平均年収は平均年齢40.5歳で年収706万円となっています。40歳で700万超えですので、悪くない年収ですよね。さすがですね。また開発業務に関わる社員の方の年収の目安は以下となりますのでご参考にしてください。
 
・開発 23歳 男性 新卒 330万円
・開発 主任 30歳 男性 中途 在籍5~10年 650万円
・事務 係長 35歳 男性 中途 在籍15~20年 700万円
・営業 主任 35歳 男性 新卒 550~600万円
 
基本給は低く抑えられていますが、残業代は全額支給されています。働き損はありませんが、残業ありきの生活となってくる感じでしょうか。役職や評価によって給与格差はほぼ生まれません。基本的に年功序列となっていますので、上げ幅は決して大きくありません。賞与は年2回支給されており、集合して現金手渡しとなっているのが特徴的です。今の時代珍しいですよね。

 
 

SANKYOのワークライフバランス

収入面を考えれば、残業せざるを得ない会社ですので、プライベートとのバランスは調整しづらいといえます。開発職の場合、納期次第で残業時間も長くなりますし、休日出勤もあります。夏季休暇や年末年始に出勤をしなければならないこともありますが、その分はスライドさせて休みとすることはできますので、年間を通じて考えれば、そこまでワークライフバランスを無視している状況ではありません。このような雰囲気ですので、有給も取れないわけではありませんが、取りづらい空気を感じることはあります。
 
古い体質の会社であり、女性にとっては働きづらさを感じることでしょう。開発職では女性の役職者も少なく、若手もすぐに辞めてしまう状況にあるため、キャリア形成を考えていく上でも課題を感じます。結婚・出産となれば退職となっていた以前に比べ、良くなってきたところもありますが、まだまだ発展途上にあるという声が多くなっています。

 
 

SANKYOの退職検討理由

忙しい時期は仕方がないと割り切って考えると、それほど労働環境として悪くはないと思われます。SANKYOを転職先として検討する人もあらかじめ退職理由のコメントを見ておくと参考になりますので目を通しておきましょう。
 
・パチンコ業界が先細りであり、回復も見込めないので、未来がとても暗い
・給料が安く、食べていくことができない。上司の判断基準に画一性がなく、理不尽さを感じた
・パチンコ業界に関する知識しか身に付かず、キャリア形成とは程遠いため
・仕事の自由度が低く、他メーカーのほうが魅力的なものを作れるため
 
パチンコが好きでこの仕事に就きたいと思われる方には関係のない話となりますが、一般的にはこういった理由が挙げられていました。退職理由は、人それぞれの価値観があり、それが自分にそのまま当てはまるとは限りません。自分に直面しなければ逆に感じることがありません。そういった意味で、検討理由に関してはご参考程度としてください。

 
 

SANKYOの転職に実績のある転職エージェント

ご紹介したように、SANKYOを調べてみると給与水準こそ平均並みではありますが、残業代によって年収を上げている印象を受けました。ワークライフバランスについては古い体質がのこっており働きづらさを感じる一方で、有給が取れないわけではないということです。SANKYOは企業としての知名度も高こともあり転職先として検討するには持ってこいの企業と言えます。
 
SANKYOへの転職志望度が高く、転職を確実に成功させたい人は転職エージェントに指導を受けるという手段が最も効果的です。SANKYOへの中途採用は競争率が高いことでも有名ですのでエージェントからアドバイスを受けることは非常に効果的です。
 
転職エージェントは企業とのコネクションがありますので、給与体系や上司や職場の雰囲気など、他ではわからないことを個別にアドバイスしてもらえます。ただ、人材紹介会社はそれぞれ企業とのコネクションの強さに差がありますので、複数の転職エージェントに登録して転職先となる企業とのコネクションの強さを判断することも必要となります。
 
転職を成功させるためには、転職エージェントが持つ企業とのコネクションを利用しない手はないと思います。下記に記載する転職エージェントは、国内でも最大級の規模をもつ会社ですので、実際の就労環境などについても詳しく教えてもらうことが出来ます。一度活用して損はないと思います。



中途採用で定評の高い転職エージェントをご紹介します。転職エージェントに登録すれば、自分の労力が格段に減る一方で好条件の転職先が見つけ易くなります。企業の内部情報なども手に入り、直接は伝えづらい給与交渉も代わりに交渉してもらえます。複数登録すれば、転職成功率も上がりスピードアップに役立ちます。
 









ピックアップ記事

関連記事一覧

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.