転職エージェントサービスの課題とおすすめの転職支援サイト

おすすめ転職支援サイト一覧

転職活動を優位に進めていくうえで、転職エージェントを有効に活用することが大事であることは紛れもない事実であります。では、転職エージェントサービスの課題とはどういったことがあるのでしょうか?

人材紹介会社が展開している転職エージェントサービスを求職者は無料で利用できます。なぜ求職者に対して無料で展開できるのかというと、人材紹介会社は転職が決まったら求人会社から成果報酬として手数料をもらうことになっているためです。この手数料が人材紹介会社の転職エージェントサービスでの収益になっているのです。

 

ですので、人材紹介会社は求職者が転職をしないことには儲からないので、「企業側の本音を知りつつも、該当する人がいない場合にも別の人を紹介してしまう」といった傾向になってしまうのです。結果、求人案件に対して適切な人がいないから紹介しない、見送るといった事や、当てはまりそうな求職者がいるけど求職者のやりたいことを考えるとおすすめしないという事ができない状況となっているのです。すなわち、

「求職者本位の転職支援サービスが行われない可能性がある」

ということなのです。

 

そのために、
■求職者の適性によって求人案件を紹介するのではなく、希望年収に合った求人案件を紹介する
■転職エージェントによるマッチングに無理が生じ、後々ミスマッチが発生してしまう
といったことが起きたりします。

 

私自身体験したり身近で起こったことが何度もありました。もちろん、そういった中でも求職者本位でやっているエージェントは沢山いらっしゃると思います。ただ、この課題をクリアにするためのサービスを展開している会社があります。今回はそのサービスをいくつかご紹介します。

1. ビズリーチ
 

今回ご紹介する転職サイトはこちらです

 

「求職者至上主義」を最重要指針として掲げ、転職支援サービスを展開しています。実際にひとつの解として、転職エージェントを介さずに求人会社と求職者が直接やりとりをするダイレクトリクルーティングサービスを展開しています。また会員制度を導入して求職者からも会費という収入を得るようにしています。それによって求人会社も求職者も本気の参加者が集う場として価値提供を行い、マッチングの精度向上が図られています。

 

2. DODA
 

今回ご紹介する転職サイトはこちらです
 
DODA01a
5c-01
 

インテリジェンスが転職支援サービスとして提供しているブランドであります。大手で体力もあり(求人数、エージェントの数も多い)マッチングレベルを上げるべく新しい多様なサービスを展開しています。最近ではAIを導入し、過去の利用データを基に年齢、性別、経歴などを分析し、求職者ごとに最適な求人を提案する機能を改善しています。それにより、あまり利用実績のない登録者にも提案をできるようにしています。また様々な業種、職種に専門に対応できるエージェントも揃え、IT導入と人間のレベルアップ両面からマッチング精度の向上を図っています

 

3. メイテックネクスト
 

今回ご紹介する転職サイトはこちらです
 
meitec01a
5a-01

エンジニアリングアウトソーシング企業であるメイテックが提供している転職支援サービスです。製造系エンジニアに特化したサービス展開しており、全求人の80%が非公開で、メイテックネクストにしか募集が出ていない独占求人も多数ありというところに特徴があります。クライアント求人企業から信頼が高い証拠であり、求人会社の課題、ニーズをしっかり把握していると予想がつきます。また転職エージェントは半数以上がメーカーの技術系分野出身であり、求職エンジニアのキャリアをエージェント自身の経験、技術知識に基づいて適切にマッチングすることが期待できます。つまり、求人会社の内情にも詳しく、求職側の悩みやニーズも熟知しており、IT技術に頼ったマッチングというよりも、ヒューマンスキルによりマッチング精度を上げているサービスだと言えます。

 

4. オールエンジニア
 

 

製造系エンジニア求人に特化したワンストップ型の転職サイトになります。大手の転職サイト(メイテックネクスト、リクルートエージェント、DODA、マイナビ、JACなど)と提携していてエンジニア求人の総数は10万件以上と日本最大級です。転職活動を始める際に色々な転職サイトに登録すべきですが、面倒なときにはオールエンジニアに登録すると一括でまとめて他の転職サイトや転職エージェントに登録できます。つまり、エンジニア経験があり、エンジニア系の転職を検討している方に対して網羅的にかつ効率的なマッチングを提供しているサービスです。

 

以上転職エージェントの課題に対して取り組み度が高い4つの会社、サービスを紹介しましたが、どのサービスが自分自身に合うかは人それぞれです。一応上記のように転職エージェントの課題に対しての取り組み度という観点から順番をつけましたが、私自身の主観によるものです。

 

転職エージェントサービスは今の転職活動において既に大きな付加価値を発揮していますが、この課題に対処する手法がこれからも出てきて、より頼りにされるサービスに進化していくものと期待しています。是非転職活動をする際には、転職エージェントサービスを有効に活用していただき、さらにここで触れさせていただいた課題認識を頭の片隅に置いてください。そうすればエージェントのアドバイスも変に良くも悪くも解釈することなく自然体で頭に入ってくると思いますので、上手に転職活動を行っていただければと思います。



中途採用で定評の高い転職エージェントをご紹介します。転職エージェントに登録すれば、自分の労力が格段に減る一方で好条件の転職先が見つけ易くなります。企業の内部情報なども手に入り、直接は伝えづらい給与交渉も代わりに交渉してもらえます。複数登録すれば、転職成功率も上がりスピードアップに役立ちます。
 









もしあなたが管理職の転職を目指しているなら、今注目を集めている「JAC Recruitment」がおすすめです。JAC Recは専門分野別にチーム制をとっていますので、あなたの職種に関する様々な情報を理解することができます。その分、転職先への交渉が有利となり、さらに年収面でも大幅なアップが見込めます。大手優良企業への転職成功率は業界でトップクラスと言えます。自分の価値を見直してキャリアアップしたい方はぜひ無料登録してみてください。



おすすめ転職エージェントはこちら!

20社以上の人材紹介会社を利用した私が選んだ転職エージェントベスト5

機械系エンジニアに評判の高い転職エージェントの特徴

メイテックネクストってどんな転職サイト?

DODA転職ってどんな転職サイト?

転職診断を受けて年収アップ!高評判の老舗転職会社とは?

年収UPや勤務地限定を希望するエンジニアの転職に評判の高い転職会社とは?

 

↓実はうちの子ども目が悪くて、コレやってます!✩証拠画像あり✩↓
楽々!視力アップマニュアル・トレーニングキット付き(CD-R&完成品トレーニングキット版)

Follow me!

ピックアップ記事

関連記事一覧

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.