転職エージェントを利用しても採用が決まらない5つの理由

おすすめ転職支援サイト一覧

転職活動をしていると、100発100中で決まることはまずありません。しっかり見極めようと思えば思うほど、また安易に最初に決まったところにしようとしなければ当然不採用になるケースが出てくると思います。そのような時、なぜ不採用になったのか、真の原因はわからないことのほうが多いです。表向きの理由が本当の理由かは疑いがありますし、まず教えてくれないところが多いと思います。わからないものを探しにいっても仕方がありませんが、経験した私が今思うこと、知っておくことで対応できることを今回ご紹介しようと思います。


 
その前に、転職エージェントを利用するメリットを紹介します。メリットとしては利用しない場合と比べて、1.履歴書、職務経歴書の書き方のアドバイス・添削をしてもらえる、2.自分の想定になかった業種、会社を紹介してもらえることで自分の新たな視点、可能性に気づかせてもらえるといったことがあります。このことから一般的に転職エージェントを利用したほうが良い結果が得られる可能性が高くなります。ですが、そのメリットがあっても、しっかりアドバイスをもらっても採用されない時は採用されないのが転職活動になります。
 
では、どういった理由で採用が決まらないのか次に紹介していきます。
 
 
転職エージェントへの向き合い方を知らない
転職活動が良い結果に終わる5つのテクニックをうまく活用しない、できないでいると良い転職エージェントを活用しても採用が決まる確率は低くなります。この理由で採用が決まらないケースは自責になりますので、定期的なフィードバックを是非してください
 
採用基準クリアでも一番しか選ばれない
会社が求める採用基準をクリアしていても、同時並行で選考が進んでいる「ライバル」がいることが多いです。 クリアした何人かの中から1番を選ぶわけですから、その会社とフィーリングが合った人が選ばれ、それ以外の人は不採用になってしまうわけです。
この点は一般論としてどのケースでもその人が選ばれるわけではなく、会社に応じてケースバイケースです。他の会社のケースではあなたが選ばれているかもしれません。最終段階での競争選考では会社都合、つまり他責の要素が強くなります
 
社内バランス的に合わない
いくら会社が求めているスキル、人物をクリアしていても、社内の上司、部下とのスキル、条件が釣り合わない、同じ経歴、スキルの人が社内に存在していてかぶってしまう、などで不採用になることがあります。安定を求める会社ほど変な軋轢を避けるためにこのような傾向が強いです
 
面接で好印象を残せない
転職エージェントから履歴書、職務経歴書の書き方はレクチャーを受けることができますが、選考の最終段階である面接においては、自分1人で役割を背負いますのでエージェント、または一次選考により会社の募集ポジションのニーズ、背景をつかんでおいて質問に対して的確な回答またこちらからは的確な質問ができるように想定問答をしていくことが求められます。先ほど、最終ライバルとの勝負では他責の要素が入ることを述べましたが、自責の部分としてやれる最善を尽くさなければ、不採用に至ることになります
 
会社の望む人材は多種多様
例えば、転職回数が多い、短期間で転職しているということが理由で、ある会社が不採用になったとしても、別の会社では、そのことがプラス点となり採用に至ることがあります。会社によって望む人材は多様でありますので、決して不採用理由に卑下することなく、会社のニーズと自分のニーズがマッチする会社との出会いに期待してください
 
以上、見てきましたが、自責で採用が決まらないケースももちろんありますが、自分ではどうしようもない理由で採用が決まらないことも多々あります。ある会社に不採用になっても、「これで別の会社と出会い新たな人生を歩む可能性が出来た、これからどのような会社に出会うか期待しよう」とワクワクしながら、次の行動に移すことが転職で良い結果につながる道だと思います。

ピックアップ記事

関連記事一覧

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.