転職エージェントの評判ってどうなの?実際に転職した人に聞いてみました

転職者の体験談

転職エージェントを利用してみたときの体験談を、ということだったので、ちょっと書いてみようと思います。私はシステムエンジニアをしていたのですが、会社の方針と合わなくなり、転職を決めようと思った次第です。その際、どうしても会社の内情を知ってから転職したいという気持ちがあったので、転職エージェントを利用しました。

 

転職エージェントを利用しようとしたきっかけと、私の事情

 
私が最も重視したのが、その会社の将来性です。というのも、もともと働いていた会社はいわゆるスタートアップ企業で、小さい会社でした。これから成長するというのが楽しみな企業で、私はサブメンバーの一人として、主に技術方面を担当していました。ところが、企業が成長するに連れ、徐々にCEOとなった人の考えが変わってきていたのです。ある時までは技術優先、ある程度テクニカルな方面にも配慮をしてくれたのですが、そのような配慮が企業が成長するに連れて徐々になくなっていきました。とにかく会社経営と利益重視という側面が出てきて、エンジニアとしての仕事がやりづらくなり、息苦しさも感じ始めました。

 
決定的だったのは、会社の新規プロジェクトが全く技術方面をないがしろにしたものだったということですね。技術方面のメインメンバーにいろいろ言いたくなるのは仕方ありません。でも、そこでも技術者・エンジニア系の意見は採用されず、ないがしろになってしまったのです。嫌になったので、もうこの会社にはいられないなと思ったのがきっかけです。

 
 

待遇も大事、だけど会社の内情はもっと大事

 
私が第一に考えたのが、会社の内情です。このようなゴタゴタを経験した以上、その後はなるべく長く勤められてやりがいのある、良い会社に転職したいと思うわけですよね。なので、どうしても会社のことは重視せざるを得ません。でも、転職サイトではそういう会社の内情などはよくわからないものです。楽しそうな会社や有名企業に見えても、実際はそんなに評判がよくなかったり、ということもしばしば耳にするので、流石に会社の案内だけを見て応募しようなんてとても思えませんでした。

 
会社の内情をよく知っている人がいい、ということですが、そうなるともうあとは大手企業に勤務するエンジニアのブログをチェックするとか、企業の評価サイトをチェックして良さそうな会社を選ぶしかありませんよね。過去に勤務していた企業の情報を見ると結構信頼性があったので、その点だけがありがたいのですが、やっぱりそれでも対策をしているところは対策をしているようです。

 
そこで聞いたのが転職エージェントの存在です。転職エージェントは様々な企業の内情や情報をよく知っているので、その内容を確認してから企業に応募したりすればいいということで。なるほど、と思ったのですが、その信頼性はやっぱり不明瞭だったので、最初は迷っていました。ただ、こうやって迷ったりしている間にも勤務先の状況は悪くなってきたので、それが辛いといえば辛かったです。

 
 

転職エージェントに思い切って登録

 
転職エージェントに思い切って登録をしてみたのは、勤務中にさらに状況が悪くなったのと、目をかけていた後輩が退職すると決めたためです。会社の退職者が増えていたので、それはある程度仕方ないかなという気持ちでした。私も「もうこの会社はダメだ」と思ったので、登録をしてみました。翌日に連絡があり、その日の週末にはお会いすることになりました。私は思うところなどをすべてぶちまけて、話をさせていただきました。その結果「社風とキャリアを活かせるところを重視している」ということになりましたので、エンジニアとしての仕事がやりやすく快適で良い企業を探しましょう、ということになりました。

 
対応してくれた方はとても要点をつかむのが早く、少しお話をしただけで信頼できるエージェントだと思ったのをよく覚えています。なので、なるべく早く対応してほしいというよりは、良い企業をじっくり選びましょう、というのがメインでした。良い企業と言っても様々な企業があるので、ひとつひとつ丁寧に話を聞くことになりました。
 
候補としては安定している大手、これから発展していく中規模企業、もう一つも大手で少しエンジニアとしてのジャンルは違う、というようなところでした。どこも会社の雰囲気がよく、特に大手企業を紹介されたのは私もびっくりしています。

 
 

面接前の話し合い、転職エージェントとの計画を立てる

 
転職エージェントを利用して一番良かったのは、面接対策のことですね。向こうが何を求めているのか、どういうことをやりたいのか、どういう人がほしいのかということを積極的に伝えていてくれたのが一番わかり易い面接対策になりました。面接前にはとにかくいろいろな話をして、企業の体制や体質、これからの将来性などをよく教えてくれましたし、良いところをいくつも探してくれました。

 
本当は他にもいくつかの企業が候補になっていたようなのですが、私が社風や技術力を重視していたということもあり、そちらの方面を重視するあまり他の企業は紹介しにくい側面がある、ということは言われました。本当は他の企業の方が向いているというように思ったようですが、その企業はあまり評判が良くなかったので私としても気がかりでした。

 
そして、面接となりました。書類を送ったあとなのでそれなりの感覚はつかめていましたし、面接での対応もバッチリできていたので、雰囲気はとても良かったです。エンジニアとしての働き方も評価していただいたことが嬉しかったですね。また、これからの将来のことなども気合を入れて話すことができ、企業にどう貢献していけるかということもしっかり伝えることができたのが嬉しかったです。

 
 

最終的にある大手企業に内定し、退職してから

 
最終的にはある企業から内定をいただきました。その企業は単純に言えば大手なのですが、雰囲気はとても良い会社だと聞いていました。実際、会社に入るときに同僚の方々と面談があったのですが、その際にしっかりと話し合いをし、またいろいろな雰囲気をつかむことができたのがホッとしています。また、その会社もそれなりにいろいろなことを経験してきた人が多いので、転職者でも馴染みやすそうなのが大きなメリットとなりましたね。

 
転職をする際に会社と揉めないようにするための方法なども、実は転職エージェントの入れ知恵です。いくつかの方法を使い、また気遣いなども教えていただいたので。エンジニアは気遣いをあまりしない人が多いのですが、会社に対するマナーとしてのことを色々と教わりました。退職するときは本音を言えば辛かったのですが、全く引き止められなかったのでもう会社に見切りをつけるのも早かったです。
 
退職して、今ではその会社で働いています。私は転職に成功したとはっきり言えます。働きやすい会社ですし、会社としての方針もブレることなくやりやすいので。ただ、昔に比べると大手案件が増えたため、関わる人の数も増えたというのが難しい側面ではあります。待遇面はとても大きく変化しましたね。いくらか収入もアップしたので、少し広い家に引っ越すことができました。

 
転職エージェントを使って私は成功しましたが、中には失敗した人もいるといいます。最初の面談で必ずしっかり話をして聞き、個人の反応として良さそうだと思わない会社は使わないほうがいいでしょう。私が登録した信頼のおける転職エージェントを紹介します。特にエンジニアに特化した転職会社ですので、とても安心できてよかったです。複数登録すると、自分に合った転職エージェントが見つかるので、登録することをおすすめします。



中途採用で定評の高い転職エージェントをご紹介します。転職エージェントに登録すれば、自分の労力が格段に減る一方で好条件の転職先が見つけ易くなります。企業の内部情報なども手に入り、直接は伝えづらい給与交渉も代わりに交渉してもらえます。複数登録すれば、転職成功率も上がりスピードアップに役立ちます。
 









Follow me!

ピックアップ記事

関連記事一覧

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.