神戸製鋼所【機械設計】の中途採用転職情報~年収・応募資格など~

年収500万~の求人

神戸製鋼所は言わずと知れた、日本を代表する大手鉄鋼メーカーであり、KOBELCOの愛称で親しまれています。建設現場のショベルカーなどでKOBELCOという名称を目にされる機会も多いものですが、同社は5つの事業部門を組み合わせた複合経営をおこなっており、特に機械事業部門では産業機械や圧縮機をはじめ、エネルギー機器など幅広いジャンルを取り扱っています。


 
神戸製鋼といえばラクビーですが、ラクビー部をご存知ない方のために、動画をご紹介します。


ラクビー好きには懐かしい映像ではないでしょうか。
 

神戸製鋼所【機械設計】のキャリア採用

 
神戸製鋼所では、2017年1月現在、機械設計に絞ると下記の職種について中途採用を公式サイト上でおこなっておりますが、どれについても採用人数の明記はありません。ここで、開発・設計の募集内容を簡単にご紹介します。
 
【研究開発】
自動車のマルチマテリアル化への提案・研究開発
石炭のプロセス開発
アルミ、チタン製品の材料開発
鋼板の加工(成形)技術、構造技術の開発
事業戦略の立案業務
 
【設計】
溶接ロボットの機械設計
大型圧縮機の機械設計・開発
製鉄プラント関連機器の機械設計
 
どの業務においても従事するプロジェクトの規模は大きく、これまでの経験をより広大なフィールドで試したいと考えているプロフェッショナルの求められております。
 
 

神戸製鋼所の年収事情について

 
Yahooファイナンスで調べれば、平均年齢40.0歳で年収は565万円となっておりますので、他社に比べれば低い水準といえます。収入面では基本的に年功序列の反映が強めなところもあり、係長クラスになれば年収650万円前後となっていくようです。賞与は業績を色濃く反映した内容となっております。
 
<中途採用の年収事例>
・中途1年目(36歳・研究開発)、600万円~650万円
・中途3年目(29歳・機械設計)、 500万円~600万円
・中途4年目(36歳・研究開発・係長)、750万円~800万円
・中途5年目(30歳・研究・係長)、600万円~800万円
 
こうしてみると、確かに東証1部の企業にしては給与水準は低めかと感じると思いますが、係長といった役職が付く人にとってはお給料面では不満はあまりないと思います。
 
 

神戸製鋼所の働きやすさ

 
入社後、1人が教育係としてついてくれるので、フィットのしやすさは感じるものの、仕事量によっては教育係担当者もつきっきりとはいきません。教育係がつく背景には、やはり歴史ある会社ならではのしきたりが多く残っていることがあります。残業代はしっかりと支給されるようですが、プロジェクト進捗によってはどうしても残業時間が募ってしまう傾向があります。
 
神戸製鋼にはミニマム5という施策がとられており、月に一度は有給を取るよう推奨されておりますが、これも業務状況によりけりとなっています。元来より、事業所や所属部署により有給取得率に大きな差があるようです。
 
福利厚生面においては充実しており、年間8万円のポイントが付与され、社食代や旅行積立、帰省の際の旅費など、多目的に利用・申請できます。休暇の取得につきましては、育児休暇が取得しやすい、有給以外の休暇申請にも寛容的であると言われており、神戸製鋼所は社員の働きやすさの向上に努めております。
 
このような社風を反映するかのように、社内のコミュニケーションはとても円滑なものであり、長く働いていくための環境が整っております。
 
 

神戸製鋼所で働くことの魅力と求められる人材像

 
神戸製鋼所で働くことの最大の魅力としては、活躍していくためのフィールドがとても広いものへとなっていくことです。世界のニーズに応えていく姿勢の会社だけに、海外相手のビジネスの機会も豊富に用意されています。また、平均年齢も若い会社なので、大きな仕事でも任されるチャンスが多いことも魅力の一つとして挙げられます。
 
神戸製鋼所が中途採用に求める人材像とは、業務上の適正やこれまでの経験を前提としながらも、積極的に物怖じすることなく前進していくことができる気概を持った人材であるということです。

 

神戸製鋼中途採用に実績のある転職エージェント

 
ご紹介した通り、神戸製鋼の社会人採用の募集は公式サイトより募集ページがあります。中途採用の場合は採用試験のハードルが高いようなので、自分のプロフェッショナルな部分のアピールがポイントとなるようです。しっかりと自分スキルを整理し準備しておきましょう。
 
応募方法でも解説しましたが、今や転職サイトは転職エージェントの支援なしで、自力での応募は年々少なくなる傾向となっており、キャリア採用を希望する人たちの意識も高くなってきています。まずは、求人情報を収集するためにリクナビNEXTへ登録すると便利です。リクナビNEXTは多くの企業が参加している転職サイトですので、求人情報が集まりやすいです。神戸製鋼に限らず、気になる求人を幅広く集めることができるので役立ちます。
  リクナビNEXTの無料登録はこちら  

 
さらに、神戸製鋼への転職決意が固く、志望度が高い人は転職エージェントへ登録することをおすすめします。転職エージェントは会社とのコネクションがありますので会社の内部情報を持っています。転職エージェントに登録すると給与体系や上司や職場の雰囲気など、他ではわからないことを個別にアドバイスしてもらえます。複数の転職エージェントに登録すれば、多方面から情報を教えてもらうことができるので多角的に採用試験対策を行うことができますので、中途採用試験を万全の体制で臨むことができます。
 
神戸製鋼の社内の情報は外部からなかなか入手することが難しいこともありますので、転職エージェントのコネクションを利用しない手はないと思います。下記に記載する転職エージェントは、国内でも最大級の規模をもつ会社ですので、神戸製鋼の就労環境などについても詳しく教えてもらうことが出来ます。



中途採用で定評の高い転職エージェントをご紹介します。転職エージェントに登録すれば、自分の労力が格段に減る一方で好条件の転職先が見つけ易くなります。企業の内部情報なども手に入り、直接は伝えづらい給与交渉も代わりに交渉してもらえます。複数登録すれば、転職成功率も上がりスピードアップに役立ちます。
 









Follow me!

ピックアップ記事

関連記事一覧

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.