津田駒工業【機械系技術職】の中途採用事情~年収、応募資格など~

年収500万~の求人

津田駒工業株式会社は、石川県金沢市にある地元では有名な企業です。繊維機械や工作機械、ユニット装置メーカとして全国的にも知名度の高い企業となっています。エアジェットルームという生地を織る機械としては世界シェアを誇っており、高い技術力の証明としてブランド力の高い企業となっています。そんな津田駒工業で働く社員の年収事情とワークライフバランスについて調べてみました。

 
 

津田駒工業の中途採用の応募資格と選考プロセスについて

 
津田駒工業の中途採用は、公式サイトに募集ページがありますが、直接人事へ問い合わせる形となりますので、非公開求人扱いとなっています。非公開求人となっていますので、詳細な情報は確認する必要がありますが、開発・設計部門への募集は随時あります。

 
募集している職種テーマの詳細は確認が必要です。以下のテーマが主なテーマとなっています。
 
・繊維機械・工作機械関連機器
・コンポジット機械(炭素繊維複合素材加工機)
・装置・制御システム等の開発・設計

 
選考フローの詳細は、非公開求人となっているので確認が必要です。過去の流れとしては、筆記試験と面接となっていますが、筆記試験が結構むずかしいとのことですので、引き締める必要があります。津田駒工業は全国的にも有名な企業ですので人気も高く、開発設計部門へのキャリア採用は非公開求人となっていますので、公式サイトからのエントリーはあまりおすすめできません。

 
手堅く行くならば、転職エージェントに登録して試験内容はもちろんのこと、設計部門での仕事の内容や待遇面など事前に確認することをおすすめします。転職エージェントであれば、津田駒工業とのコネクションを持っていますので、詳細な内部情報を教えてもらうことができます。このページの最後に津田駒とのコネクションがある転職エージェントを紹介します。
 
 

津田駒工業の年収事情について

 
2016年のyahooファイナンスの調べによると、津田駒工業の従業員数は930人(単体)で、平均年齢は42.8歳、平均年収は535万となっています。東証1部企業だということを考えると、42歳で535万円の年収は少し低いと思われます。地方企業ということでお給料が抑えられているのでしょうか。もう少し詳しく津田駒工業で働く社員の年代別の年収事情について紹介します。

 
・開発設計、在籍5~10年、新卒入社、男性、一般、30代前半、年収250万
※事例が少ないので、情報がわかり次第、随時追加します。

 
完全な年功序列制の給与体系みたいです。業務成績に関係なく、ほぼ給与は年齢に依存するようです。お給料はあまり高くないですが、安定した企業なので、そういう意味では良い企業と言えます。ただ、お給料を求めている人には向かない企業と言えます。

 
 

津田駒工業のワークライフバランスについて

 

設計部門に関しては、残業も多く平日も帰りの遅い部署になっています。平日の仕事のハードさや残業時間の多さが人によってはキツイと感じている人もいるようです。ただ、休み自体は取りやすく、長期休暇も年に数回あるので、家族サービスなどはきちんと取れるようです。
※有給取得率や年休日数など情報がわかりましたら、随時追加します。

 
 

津田駒工業中途採用に実績のある転職エージェント

 
これまでご紹介してきたように、津田駒工業はキャリア採用を募集していますが、非公開求人となっています。キャリア採用ではこれまでの経験値を重視しており、会社としても即戦力を求めています。

 
キャリア採用の選考は面接が重視されていますので、しっかりとした対策が必要となります。安易にエントリーしてしまうのではなく、内部情報や試験情報をしっかり把握する意味でも、支援実績のある転職エージェントに登録して内部情報を教えてもらうとベストです。支援実績のある転職エージェントには、各社コネクションがありますので、表には出てこない、より詳細で信頼性の高い情報を教えてもらうことができるのです。

 
ただ、1つ注意点が必要なことは、人材紹介会社はそれぞれ企業とのコネクションの強さに差があるということです。できれば複数の転職サイトに登録してそのコネクションの強弱をコントロールできれば、スムーズに転職活動を進められると思います。下記の転職エージェントは、日本最大級の転職会社で支援実績も多数ありますので、情報源として信頼のおける転職会社となります。

BIZ REACH




DODA

DODA01a



メイテックネクスト

meitec01a

ピックアップ記事

関連記事一覧

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.