機械設計の中途採用の転職で定評の高い転職サイトBest3

おすすめ転職支援サイト一覧

これまで機械設計エンジニアとして働いてきて、転職しても同じ職種で働き続けたいと思っている方は多いのではないでしょうか。かくゆう私も機械設計者として働き、転職後も同じ職種を選び働き続けているひとりであります。同じ思い出機械設計職で転職を考えている方に転職時の問題点とおすすめできる転職サイトを今回はご紹介しようと思います。


 

転職のとき効率の良い行動パターンとは

転職活動の基本となる行動パターンは、転職先が決まるまでは今の会社を辞めず”こっそり行動開始”です。当然と言えば当然の話で、独身だろうが、家族持ちだろうが、お給料をもらわないと生活できませんので雇用の確保を第一とします。

 

この”こっそり行動開始”ですが、今の会社で通常業務をこなしつつ転職先を見つける活動を行うわけですから、転職活動に使える時間は限らてれてくるという制限が付きます。当然、平日はハローワークなどには行けませんし、残業の多い部署であれば、帰宅後に転職先となる企業を見つけるにも体力的な限界が生じることでしょう。

 

せいぜい、自分が使える時間と言えば、土日や祝日といった休みの日が基本的な活動日となります。当然今の時代ですと、インターネットを使った検索が主となりますので、限られた時間の中で候補先を見つけ出すことになります。

 

また、この時点では自分の中でこのまま会社に居続けるか、それとも転職するのかを葛藤している段階ですので、本腰になっておらず、下手するとまったく作業が進まない日もあることでしょう。独身者の場合だとこのような状態になりますが、既婚者の場合だと、また話が違ってきます。まずは家族に打ち明けることから始めなければなりません。なぜ家族に相談することから始めなければならないのかは、「家族にはいつ、相談すればいいのか?」という記事で紹介していますので、理由を知りたい方はそちらをご覧下さい。

 

既婚者であれば、休みの日は(男性の場合)奥さんやお子さんとの時間を確保する時間が優先されるでしょうから、尚更のこと、企業を探す時間が削られてしまいます。

 

私自身感じたことは、”自分ひとりでできるキャパは限られている”ということです。私は35歳で前職10年目で転職したのですが、妻子もいて、とにかく時間がなかったことを記憶しています。調べるといっても、何をどうやって調べるのかさえわからない状態でした。転職先も地元で探したかったので、まずはハローワークかなと思いハローワークに行きたかったのですが、平日は仕事だったので行けなくてもどかしい思いをしていました。

 

そこで、何をしたのかというと、希望に合った求人を探してくれて、見つかれば企業をリストアップして教えてくれる転職サイトを利用したのです。転職サイトの良いところは、情報を集めて自動的に配信してくれるところです。人が同じだけの作業をしようとすると、かなりの時間を要してしまいます。それを自分の時間は一切使わず教えてくれるのですから便利なツールとなります。

 

〔求人情報を集めてくれる転職サイト一覧〕
リクナビネクスト

 

機械設計エンジニアが転職のとき苦労する3つのこと

実際に転職サイトに登録して、自分の希望する条件を入力していくと、いろいろと企業情報が集まってきます。はじめはいろんな企業を眺めているだけかもしれませんが、実際に希望の年収や待遇面など良い条件が見つかり始めると、だんだんと企業と接触して話を聞いてみたくなってきます。ここで苦労することが、大きく3つ出てきます。それは・・・

 

1.もう少し詳しい内容を聞いてみたいが、平時だとコンタクトが取れない
2.コンタクトを取ると、転職が決まってしまうかもしれないという不安
3.お給料面の話をはじめからすると印象が悪い

 

すなわち、現職を続けながら他社へのコンタクトが取りづらいという側面が出てくるのです。これは致し方ないことなのですが、実際に起こりうる現象なのです。

 

ここで、活用すると便利なサービスが転職エージェントです。転職エージェントはあなたに代わってあなたの希望する企業の情報を聞き出してくれるのです。直接面接は最低限あなたのやるべきことなのですが、そこに至るまでに必要な情報を転職エージェントに相談することで解決できるのです。

 

転職エージェントは、転職アドバイザーとしての役割を持っていて、一般的には知ることのできない企業内部の情報をたくさんもっています。待遇面以外にも具体的にどんな職種の人材を企業側が欲しているのか、また、会社の風潮や昇給制度、社員の構成や面接時のアドバイス、履歴書や職務履歴書の書き方まで丁寧にアドバイスしてもらえるのです。

 

ただし、1つ注意点があることは、機械設計エンジニアという職種は専門性が高いため、普通の転職エージェントでは役不足になってしまうということになります。というのは、例えば、CADオペレータを募集しているのか、構想設計できる技術者が欲しいのか、解析ができるエンジニアが欲しいのか、検証・評価ができる人材を募集しているのか、このような区別を正確に読み取れないということです。

 

企業が欲しいと思う人材とマッチしなければ、いくら待遇面が良くても働いたあと苦労したり、自分の思いと違ってしまうので、その後の満足度が下がってしまう結果になりますよね。そういう意味で、専門的な機械設計という分野に精通した転職エージェントでなければならなないのです。この点だけは、注意して転職エージェントを選ぶようにしましょう。

エンジニアが転職で利用して役立つ転職エージェント3選

ここで、機械設計に精通した転職エージェントを専門として保有している転職会社をご紹介します。もし、あなたが希望する転職サイトをお持ちでない場合やあまりよく知らないというのであれば、登録して損はないと思います。



中途採用で定評の高い転職エージェントをご紹介します。転職エージェントに登録すれば、自分の労力が格段に減る一方で好条件の転職先が見つけ易くなります。企業の内部情報なども手に入り、直接は伝えづらい給与交渉も代わりに交渉してもらえます。複数登録すれば、転職成功率も上がりスピードアップに役立ちます。
 









もしあなたが管理職の転職を目指しているなら、今注目を集めている「JAC Recruitment」がおすすめです。JAC Recは専門分野別にチーム制をとっていますので、あなたの職種に関する様々な情報を理解することができます。その分、転職先への交渉が有利となり、さらに年収面でも大幅なアップが見込めます。大手優良企業への転職成功率は業界でトップクラスと言えます。自分の価値を見直してキャリアアップしたい方はぜひ無料登録してみてください。

 

ここも注意が必要なのですが、転職エージェントも人なので、自分との相性がございます。担当してもらうエージェントがどうしても自分と合わないケースも出てきます。そのリスクを回避するためにも、できれば、はじめの段階で複数のサイトに登録すると便利だと思います。はじめは大変ですが、担当者の人となりを比べることができるので、最終的には遠回りすることなく、話を進めていくことができますよ。

Follow me!

ピックアップ記事

関連記事一覧

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.