横河電機【機械設計】の中途採用転職事情~選考プロセスや年収など~

関東地方の求人事情

横河電機株式会社は工業計器・プロセス制御を専門とするメーカーであり、国内外ともにトップクラスのシェアを持つ企業です。東京都武蔵野市に本社を構えておりますが、近年は事業割合の60%を海外で展開しています。これに伴い、従業員も約60%が外国籍となっている点が特徴的です。

 

横河電機の中途採用情報と選考プロセス

2017年3月の時点で、機械設計・研究開発のキャリア採用について、下記の職種を対象に公式ホームページ上で募集しています。中途採用者と募る場合には随時掲載されていきますので、同社への転職を検討されているならホームページをこまめにチェックしてください。
 
[募集中の職種一覧]

・機械設計・開発(分析計)
・検出器 開発・設計(フィールド製品)
 
エントリーはWeb上ではなく、郵送でおこなう必要があるので注意が必要です。応募したい職種があった場合、そちらを明記して履歴書・職務経歴書を採用担当係へ郵送します。郵送先についてはホームページ上に記載してあります。エントリー後、書類選考を経て2度の面接の後に内定となる流れがモデルケースとされています。もう1つの方法として、転職サイトに登録する方法もあります。特に製造系に強いリクナビネクストtype転職エージェントメイテックネクストなどに登録して、アドバイスを受けながら転職活動を進める方法です。このページの最後に製造系の転職に定評のある転職サイトを紹介しますので、ご参考にしてください。

 
 

横河電機の年収事情

yahooファイナンスの調べによると、横河電気の平均年収は、平均年齢44.6歳で年収936万となっています。900万クラスの年収はトップクラスと言っていでしょう。その中でも技術職(機械設計・研究開発)に関わる社員の方の年収の目安は以下となりますのでご参考にしてください。
 
・開発 28歳 男性 新卒 470万円
・開発 20代後半 男性 新卒 550万円~600万円
・開発 31歳 男性 新卒 530万円
・開発 30代前半 男性 中途 在籍5~10年 600~850万円(残業により変動)
・開発 主任 40代半ば 男性 中途 在籍10~15年 800万円(残業代込)
・開発 50歳 男性 新卒 900万円  
 
全体的に見れば、上場企業として平均以上の給与体系となっています。東証1部で公開されている年収よりも技術系の年収が低いのは、他の部署で多くもらっている方がいるということでしょうか。ただ傾向として年功序列が給与に色濃く反映されます。若手には不満を感じさせやすい待遇となっており、評価基準も曖昧さが残っています。昇給が緩やかでありますが、ボーナスが同業他社に比べて大きくなっています。管理職以降は階級に応じて給与が決まっていきます。

 
 

横河電機のワークライフバランス

残業も少なめであり、有給も取りやすいのでワークライフバランスは取りやすいといえます。R&Dと開発部門は甘めとなっており、デッドラインも簡単に延期できるうえ、余剰人員も豊富に抱えながらリストラも少ない状況です。もちろん部署によりますので、配属先によっては36協定の上限まで働かなければならない時期もあります。
 
横河電機株式会社は女性にとっても働きやすい会社です。女性の平均勤続年数が22年となっており、男性とほぼ同じ水準となっていますので、出産や育児を経て復帰するケースが多いといえます。産前・産後は職場全体でフォローしていく風土ができあがっています。

 
 

横河電機の退職検討理由

こういった働きやすい環境で仕事をする人の中にも退職を考える人も少なからずいるようです。転職を希望される方は、こういった部分にもはじめに目を通しておくと良いでしょう。退職を考える人のコメントを見ると、以下のことが挙げられていました。
 
・上の世代が詰まっているので、正当な評価と待遇が得られなかった
・仕事の方針がコロコロと変わり、それまでの仕事が無駄になることが多かった
・個人の責任が重い一方で、年功序列の風土が根強い社風に嫌気がさした
・市場の変化に対応できるキャリア形成をしていきたかった
 
退職理由を見て受け取る側の認識によって異なりますが、技術系で転職を考えている人ならばもっとも働きやすい企業だと感じます。辛いことや仕事に対する責任はどこの会社に就職しても必ずあります。そういった辛いことをやっているにも関わらずサラリーが安いから不平・不満が出るのであって、同社のように良い待遇で仕事ができるのであれば我慢もできると思うからです。この部分は転職エージェントを通じるともっと会社の内部情報がわかるので、活用することをおすすめします。退職理由は、人それぞれの価値観があり、それが自分にそのまま当てはまるとは限りません。自分に直面しなければ逆に感じることがありません。そういった意味で、検討理由に関してはご参考程度としてください。

 
 

横河電機の転職に実績のある転職エージェント

ご紹介したように、横河電気を調べてみると収入面では文句はないでしょう。ワークライフバランスについても取りやすい環境ではあるようなので問題なさそうです。同社は知名度も高く、取り扱う商品も幅広いので技術系の転職先として視野に入れるならば好条件と言っても良いと思います。
 
従業員の増加傾向から見ても転職先としての人気が高いことが伺えます。横河電機への転職志望度が高く、転職を確実に成功させたい人は転職エージェントに指導を受けるという手段が最も効果的です。周り(ライバル)を見ても一見何もしていないように見えて、実は転職エージェントを利用していることは多いです。今や転職エージェントの支援なしで、自力での応募は年々少なくなる傾向となっており、キャリア採用を希望する人たちの意識も高くなってきているのです。
 
転職エージェントは企業とのコネクションがありますので、会社の内部情報を持っており、給与体系や上司や職場の雰囲気など、他ではわからないことを個別にアドバイスしてもらえます。ただ、人材紹介会社はそれぞれ企業とのコネクションの強さに差がありますので、複数の転職エージェントに登録して転職先となる企業とのコネクションの強さを判断することも必要となります。
 
やはり転職を成功させるためには、転職エージェントが持つ企業とのコネクションを利用しない手はないと思います。下記に記載する転職エージェントは、国内でも最大級の規模をもつ会社ですので、実際の就労環境などについても詳しく教えてもらうことが出来ます。一度活用して損はないと思います。
 


中途採用で定評の高い転職エージェントをご紹介します。転職エージェントに登録すれば、自分の労力が格段に減る一方で好条件の転職先が見つけ易くなります。企業の内部情報なども手に入り、直接は伝えづらい給与交渉も代わりに交渉してもらえます。複数登録すれば、転職成功率も上がりスピードアップに役立ちます。
 










ピックアップ記事

関連記事一覧

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.