業界歴が長く技術力がある技術者の為の転職とは?

転職者の体験談

業界歴が長く、技術力にも自信がある場合は、年齢を踏まえて今後の勤め先を考えると効果的です。同じ業界ならどこでもよい、この考えは人生設計を失敗させたり、収入を下げる切っ掛けになります。また、折角の技術力が活かせませんから、業界歴と経験が最大限に発揮出来る、そのような会社を探すことが不可欠です。例えば、20年の経歴はまだ中堅で、実績が高められる余地はありますが、転職経験を持っている人は少なくありません。しかし、初めて働き方を変えたいと思った時は、将来に関する影響を考え、有利な条件で仕事探しを行うことがポイントです。

 




 
業界歴の強みは、他社との関わりや横の繋がり等、企業が喉から手が出る程欲しい、そう思っている人材の特徴です。つまり、技術力は勤続年数に応じて増加しますが、一方では業界歴の長さによって、人脈が増えるメリットもあります。これらの利点は、転職の武器になりますから、どれだけ人との繋がりが多く、様々な企業と交流を行ってきたか、という強みに結び付きます。逆に考えるなら、強みを求める企業を選び、面接を受けてアピールすることが、技術力を活かせる切っ掛けにもなるでしょう。

 
肩書に、業界歴の長さを数字として添えるだけでは、ただの飾りとなって価値が活かれなくなります。忘れてはいけないのは、経験の長さを無視せず、面接で活かして無駄にしない、といった点に他なりません。更に、技術力は単なる経験に限らず、それに付随する人脈を活用することで、転職に繋がり初めて活かせるようになると考えられます。積極的に経歴の価値を活かすなら、ベテランを求めるベンチャー企業であったり、人脈を増やしたい企業を目指すと良いでしょう。

 
ベンチャー企業は、新進気鋭でやる気のある若い人は多いですが、経験や技術力の何たるかを理解する人材が不足しがちです。若手だけで組織を構成する、これも一つの考え方に間違いありませんが、経験や知識の絶対量が足りていないのは確実です。このような企業は、ベテランを毛嫌いしたり、業界歴だけが取り柄だとして、あまり重視しない傾向が存在します。

 
ただ、中には経験を重視したり、企業に重みを加える為に、ベテランを積極的に求めているケースも多くあります。純粋に技術力を求めているか否かは、企業を外から見ただけでは分かりませんが、面接で働ける自由度と能力が発揮出来る約束が得られれば、新しい勤め先として検討する価値があります。転職の目的や候補選びは、目的や求める結果によって違うものです。

 
多くの人は、収入の増加を見込んで面接を受けますが、自らプロジェクトを立ち上げたり、能力を奮って結果を出したい、という希望を持つ人もいるでしょう。重要な点は、目的を決めて活動を行い、結果を得る為に努力をすることです。何となくでも、業界歴が長ければどこかの企業に就職出来ますが、それが希望の仕事の実現に発展するとは限りません。

 
もし、希望通りにならないとしても、後悔しない結果を得たいのであれば、目的を定めて前に進むことが必要です。収入の増加を希望する場合は、経営や経済的に余裕がある、規模の大きい企業を選択すると実現しやすくなります。技術で成り立っている企業は、定年による人材の不足と、技術力の低下が懸念材料になっています。大抵のケースでは、技術の引き継ぎを行って対応していますが、やはり完全な継承を行うのは困難なのです。
 




 
人材が必要でも、席が空いて空白になっているポストは、座れば大きな収入が得られる可能性があります。収入重視で狙うなら、まさにベテラン不在の企業ポストで、将来性のある分野を中心に絞り込むと選択肢が見付かります。出来る仕事、任せられる仕事は主に、技術の継承や教育、既存設備の保守作業が挙げられます。挑戦的な仕事は出来ませんが、業績が良好なら将来性がありますし、若手に仕事が教えられる喜びが得られます。

 
業界歴が長い、でもまだ若く将来性があるなら、プロジェクトを発案したり、新しい取り組みが始められるチャンスもあるでしょう。人材の登用に柔軟性のある会社は、若手というだけで軽視したり、ベテランだからと特別扱いすることがありません。特に、実力主義の企業は、過去の栄光や実績よりも、目の前に出せる成果の大きさで個人の能力を判断します。

 
安定した職場で、落ち着いた仕事をしたい人には向きませんが、挑戦のやりがいであったり、若い頃を思い出したい場合に最適です。挑戦出来て結果が残せれば、経営者や技術者に関係なく、また年齢を超えて尊敬を集めるチャンスになります。収入より、経験や持っている技術を示したい場合は、成果主義の傾向が強い会社を選び、実力が認められる企業に属することがおすすめです。

 
今までの技術ではなく、新しいアイディアや挑戦に加わりたいなら、能力が集まるベンチャー企業が有力な選択肢になります。挑戦を大切にする新規の会社も、結果が出せる能力を重要視するので、年齢に関わらず働けたり、成果に応じて報酬が決められるからです。経営面では、業界歴が人脈で活きますし、経験と技術の両面でサポート力を発揮することが出来るでしょう。

 
ある程度の年齢に差し掛かると、年齢を理由に求人の条件から外れたり、面接を受けても採用されにくくなる確率が高まります。問題の原因は、転職を考える時期が遅すぎたり、採用の参考となるアピールが不十分なことが主な理由です。定年退職が間近、だから最後に収入を増やして老後の資金を確保する、この考え方はとても甘く、失敗のリスクが強まります。本気で老後を豊かにしたり、安心して暮らせる資金を求めるなら、中堅と呼ばれる年齢を堺に、好条件の職場を絞り込む必要があるのです。

 
40代は、20代で作り上げた基礎、30代で磨いた技術がありますし、腕を磨いてある程度の到達点まで達した年齢といえます。後10年も経てば、もっと技術に磨きは掛かりますが、多数の企業からは枯れた人材と評価されがちになります。50代後半から60代は、もう定年退職が目前に迫りますから、40代前後を目安に将来を見直すことが重要です。腕に自信があり、技術以外にも強みを持つのであれば、今の仕事に満足しているか、一度確認して今後を見詰め直すことが大切でしょう。真に実力を持つなら、50代の人材でも欲しがる会社は少なくないものの、選択肢が減少するのは間違いありません。仮に本物の経験と技術がある場合は、30代でも新たな仕事にありつけるチャンスを持っています。そこに業界歴の重みが加われば、今までにない重要な仕事が任されたり、会社を支えるキーパーソンにもなり得ます。

 
とにかく転職したいというなら、20代から30代でも可能ですが、価値のある職場探しを行うには、40代以降の決断が必要となります。経験が十分で、能力も実績と共に認められていれば、後は本人のやる気と上手な活動次第で、理想的な職場探しが実現します。見逃せないのは、最適な時を逃さないタイミングの見極めと、明らかな目標を持って採用を目指す二点です。

 
早すぎる、あるいは遅いタイミングでの行動は、計画性のある意図的なものでなければ失敗する恐れが増加します。目標のない決断も、行き先を見失う当てのない活動に変わりますから、最初にゴールを決めて現在地から逆算することが欠かせません。長年勤めた経験は、勤続年数の長さが誇りや自信になっていますが、そこには人脈や実績の重みが隠れています。まずは、仕事で得て仕舞い込んだものをポケットから出し、価値の重みを再評価してから、活かせる勤め先の候補を絞り込むことが大切です。


中途採用で定評の高い転職エージェントをご紹介します。転職エージェントに登録すれば、自分の労力が格段に減る一方で好条件の転職先が見つけ易くなります。企業の内部情報なども手に入り、直接は伝えづらい給与交渉も代わりに交渉してもらえます。複数登録すれば、転職成功率も上がりスピードアップに役立ちます。
 










 

Follow me!

ピックアップ記事

関連記事一覧

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.