村田機械【機械設計】の中途採用転職事情~年収、応募資格など~

年収500万~の求人

村田機械株式会社は、京都市にある機械メーカーです。繊維機械、工作機械、シートメタル加工機などの産業機械やデジタル複合機等の情報機器の他、半導体工場向けのクリーンルーム対応FAシステムなどを主力製品としています。東証一部企業で業界でも注目度が高くなっています。そんな村田機械で働く社員の年収事情やワークライフバランスについて調べてみました。

 

村田機械の中途採用の応募資格と選考プロセス

 

村田機械では、公式サイトにて技術系の中途採用を募集しています。募集していますが、現在(2016年9月)は募集されておらず、必要なタイミングにて行うようです。現在は募集していませんが、村田機械の製品・サービスには、8つの製品、事業分野がありますので、どの分野で募集しているのか、常にチェックが必要ですね。
 
1.ロジスティクス&FAシステム
2.クリーンFA
3.工作機械
4.シートメタル加工機
5.繊維機械
6.デジタル複合機&ファクシミリ
7.磁気誘導式センサ、制御機器
8.ロボット・制御システム

 

技術系の職種に限定した募集には以下の職種があります。
 
・研究開発
・解析(CAE)
・開発・設計
 
サービス関連では以下の職種となります。
 
・技術サービス(据付)
・SE(システムレイアウト設計)
・セールスエンジニア(技術営業)

 
応募資格については募集する職種によって変わりますので、詳しくは応募する職種によって確認が必要です。村田機械は、工作機械や繊維機械、デジタル複合機など技術分野の守備範囲が広く、とても魅力的な会社となります。
 
通常であれば、工作機械という分野で1つの会社、繊維機械という分野、デジタル複合機という分野で1つの会社となりますが、村田機械はそれらの専門分野を1つの会社で取り扱っているのです。中途採用を希望する場合は、どの職種を希望したいのかしっかり整理する必要があります。自動搬送倉庫システムなのか、工作機械なのか、繊維機械なのか、デジタル複合機なのか、どの職種の開発設計をしたいのか決める必要があります。

 
ただ、機械設計の経験はあっても、工作機械や繊維機械の設計経験がない人は、何がなんだかさっぱりわからないと思います。どの分野の職種も難しい分野となりますが、一般的には難易度としては、以下のような関係になります。
 

工作機械 > デジタル複合機 > 繊維機械 > 自動搬送倉庫システム

 
この辺は入社するときの志望動機に影響する部分ですので、慎重に選びたいところです。ですが、外部からの情報だけでは実際にどんな仕事のボリュームで自分がやっていけそうかなど具体的な判断ができないものです。そういったときには、安易に決めてしまわず、転職エージェントに登録することをおすすめします。なぜなら、会社の給与制度や職場で働く上司の評価など外部からはどうしても入手できない情報が、再就職先を決める上で最終的判断となるからです。この記事の最後に国内でも有名でエンジニアの転職に評価の高い会社を紹介しますので、ご参照ください。

 
 

村田機械の年収事情

 
それではムラテックで働く社員の年代別の年収事情について紹介します。

 

・開発職、在籍5~10年、中途入社、男性、一般、30歳、年収480万
・開発職、在籍10~15年、新卒入社、男性、一般、32歳、年収500万
・開発職、在籍10~15年、中途入社、男性、一般、32歳、年収580万
・ソフト開発、在籍10~15年、新卒入社、男性、一般、34歳、年収600万
・開発職、在籍5~10年、中途入社、男性、主任、37歳、年収600万
・開発職、在籍3年未満、中途入社、男性、一般、45歳、年収650万

 

【良い点】
・賞与は最低でも年4ヶ月は支給される(最高5.5ヶ月程)
・福利厚生がしっかりしている

 

【気になる、改善希望点】
・30歳前後で職階4となり、残業代が支給されず一律手当となる
・評価制度に疑問あり。正当に行われていない感じ
・典型的な年功序列

 

平均的に30代中盤には年収600万を超えるようなので、お給料面では高額だと思います。また30歳前後で残業代が出なく一律となるようですが、職務手当という扱いは大手企業になるとよくあるシステムです。その辺も従うしかないのですが、手当が当たるだけ良い企業だと言えますね。

 
 

村田機械のワークライフバランス

 
全体的に見て残業を良しとする風潮がまだ残っている印象です。新人のうちは使えるようになるまでは定時上がりですが、キャリアで仕事ができる人ほど責任が重く、帰宅時間も夜の9時は超えるようです。平日の残業は多めで、手当も途中から一律となるので、残業時間の割に仕事量が多いということになります。ただ、仕事さえできれば平日でも定時帰社も可能ですし、自分の裁量でコントロールできる部分もあるみたいですね。

 
有給はプロジェクトの繁盛期は取れませんが、それ以外で休めそうなときに消化している人は多いです。休みを取ることが悪いといった印象ではない感じで、みな臨機応変に休みを取っています。現に連休を繋げて海外旅行へ行く人は多いみたいです。落ち着いたタイミングを狙って休みを消化すれば、全く問題ありません。祝日は休みですが、その週の土曜日が出勤日になるようです。夏休み、お盆休み、GW、年末年始など結構長い休暇になるため、社員に喜ばれています。

 
 

村田機械の退職検討理由に関する事情

 
退職を考える人のコメントを見ると、以下のことが挙げられていました。
 

・仕事量のわりに給与が少ない。技術職は手当が付く一方で、どれだけ残業しても手当しかもらえない
・単純に仕事が合わなかった
・実力のある社員が評価されていない。都合のいいように使われているだけ

 
退職理由は、人それぞれの価値観があり、それが自分にそのまま当てはまるとは限りません。
自分に直面しなければ逆に感じることがありません。
そういった意味で、検討理由に関してはご参考程度としてください。

 
 

村田機械中途採用に実績のある転職エージェント

 
これまでご紹介してきたように、村田機械では現在、公式サイトでキャリア採用を募集していません。募集は必要なタイミングで行われるので、随時チェックが必要となります。また、職種も多く、事前に自分がどの職種を希望しているのかをしっかり決めておく必要があります。ただ、こういったことを検討するにあたり、外部からの情報だけでは、しっかりとした情報を掴めることは難しく、信用が持てない情報ばかりを集めて判断してしまいがちになります。

 
安易にエントリーしてしまうのではなく、内部情報や試験情報をしっかり把握する意味でも、支援実績のある転職エージェントに登録して内部情報を教えてもらうとベストです。支援実績のある転職エージェントには、各社コネクションがありますので、表には出てこない、より詳細で信頼性の高い情報を教えてもらうことができるのです。

 
また、複数の転職エージェントに登録すれば、多方面からの情報をいち早くキャッチできますので、ゆとりをもって採用試験対策ができることもメリットです。下記の転職エージェントは、日本最大級の転職会社で支援実績も多数ありますので、情報源として信頼のおける転職会社となります。

 

meitec01a
5a-01

allengineer01a
5b-01

DODA01a
5c-01

 
 

Follow me!

ピックアップ記事

関連記事一覧

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.