日本精工(NSK)【機械設計】の中途採用転職事情~年収、応募資格など~

関東地方の求人事情

NSKは軸受、精密部品や自動車関連部品で知名度の高い会社です。機械設計を経験された人ならば、必ずと言っていいほどNSKの商品を使った経験があると思います。精密部品は他メーカでも取り扱っていますが、NSKは別格といっていいでしょう。そんな品質の高い製品を取り扱うNSKで働く年収事情やワークライフバランスについて調べてみました。

 
少し古いですが、2015年の東京モーターショーの動画です。


 
 

日本精工(NSK)の中途採用の応募資格と選考プロセスについて

 
日本精工では、公式サイトにて技術系の中途採用を募集しています。詳しくはそちらをチェックしてみて下さい。公式サイトにて募集されている職種について簡単に紹介します。

 
・特許管理
・メカトロ製品(ハードウェア)開発エンジニア
・新製品の先行開発
・生産ラインのIoT化
・生産設備の開発設計
・社内教育教務
・モータ駆動システム開発設計業務
・減速機の研究開発
・新ステアリングシステムの車両運動・制御系技術開発
・音振動解析エンジニア
・ステアリングシステム設計
・ステアリングシステム設計業務(若手歓迎)
・ステアリングシステム設計業務(即戦力となる方を歓迎)
・電動パワーステアリングの設計業務
・市場回収品調査解析(電気)
・市場回収品調査解析(データ分析)
・センサ評価業務
・電装部品信頼性評価業務
・電装品不具合解析業務
・自動車用軸受の開発設計
・設備メンテナンス・生産管理技術者
・熱処理技術者
・産業機械用軸受の開発設計
※2016年8月調べ

 
応募資格については募集する職種によって変わりますので、詳しくは公式サイトをチェックしてください。
 
例えば、新製品の先行開発では、機械設計経験のある方、機械工学、材料工学、機械力学などの知識が問われます。減速機の研究開発や音振動解析エンジニアでは、解析スキルが求められます。市場回収品調査解析(データ分析)では、MS-ACCESSやORACLEの経験が条件となっています。

 
選考プロセスですが、以下のフローとなっています。
 
1.書類選考+適性検査

2.筆記テスト+部署面接

3.人事面接

4.内定

 
NSKの募集テーマの中で市場回収品調査解析がありますが、ここまで自社製品のフィードバックを徹底して行っている企業は普通ありません。NSKの製品品質向上の動きは関心させられます。
 
そんな技術レベルの高いNSKですが、当然、中途採用においても筆記テスト、面接ともかなりハードルが高いです。自分のキャリアを相手に伝えることはもちろんですが、さらにNSKでどんなところで貢献できるのかを伝える必要があります。準備不足が露呈して、最後の面接で採用されないことを未然に防ぐためにも、NSKへの志望度が高い人は転職エージェントに登録することをおすすめします。

 
転職エージェントは、NSKへの支援実績も多く、コネクションがあるため、より詳細な情報を持っています。実際に自分が希望する職種や非公開求人などの情報も持っていますので、希望する職種について求人があった場合、いち早く情報を入することができます。
 
また、採用試験対策についても、過去の傾向や過去の実績から的確にアドバイスを貰うことができるのです。
 
下記転職エージェントであれば、国内最大級の規模を持つ転職会社ですので、
信頼のおける情報を教えてもらうことができます。

 
h5メイテックネクスト
h5オールエンジニア
h5DODA
 
 

日本精工(NSK)の年収事情について

 
2016年のyahooファイナンスの調べによると、NSKの従業員数は6,278人(単体)で、平均年齢は41.0歳、平均年収は768万となっています。

 
41歳で768万円の年収は高いお給料だと思われます。ほとんどの方が年収アップにつながるのではないでしょうか。もう少し詳しくNSKで働く社員の年代別の年収事情について紹介します。

 
・開発、在籍5~10年、中途入社、男性、一般、29歳、年収350~400万
・開発、在籍5~10年、新卒入社、男性、一般、30代前半、年収540万
・開発、在籍5~10年、新卒入社、男性、課長クラス、30代前半、年収500~550万
・開発、在籍5~10年、新卒入社、男性、一般、30代前半、年収700万
・開発、在籍10~15年、中途入社、男性、一般、30代後半、年収650万
・金型設計、在籍20年以上、新卒入社、男性、主任クラス、50代前半、年収800万

 
役職が付くと年俸制を推し勧めているので、年収としては下がる傾向になるようです。最近ではボーナスは年5ヶ月以上を確保しているので、社員は満足している声が多いみたいですね。組合でのベースアップも実施されており、満足されているようです。
 
また、評価制度も自分の実績についてきちんと上司と話し合いながら決められるので、技術者としてはやりがいを感じられるようになっています。同年代でも部署や実績によっては年収に差が出ますので、中途採用の面接時にしっかりとお給料面での話し合いが必要となります。

 
 

日本精工(NSK)のワークライフバランスについて

 

平日の残業はあるようですが、残業を申請できる上限が40hと制限があるため、あとはサービス残業としてみなされる傾向にあるようです。40代以降で実務担当や係長クラスだと体力的に厳しい模様です。

 
有給も取りやすく、年20日間と他の企業と同じだけの日数があるようです。ただ、急な休日出勤が入ることがしばしばあるようで、プライベートとのバランスは調整しづらいとの声があります。

 
会社の雰囲気も和やかで、福利厚生も充実しているため女性にとっても長く働ける職場環境だという声が多いですね。

 
 

日本精工(NSK)中途採用に実績のある転職エージェント

 
これまでご紹介してきたように、NSKは公式サイトでキャリア採用を募集しています。詳細は公式サイトよりチェックしてみて下さい。キャリア採用ではこれまでの経験値を重視しており、会社としても即戦力を求めています。
 

キャリア採用の選考は面接が重視されていますのでしっかりとした対策が必要となります。

 
安易にエントリーしてしまうのではなく、内部情報や試験情報をしっかり把握する意味でも、支援実績のある転職エージェントに登録して内部情報を教えてもらうとベストです。支援実績のある転職エージェントには、各社コネクションがありますので、表には出てこない、より詳細で信頼性の高い情報を教えてもらうことができるのです。

 
また、複数の転職エージェントに登録すれば、多方面からの情報をいち早くキャッチできますので、ゆとりをもって採用試験対策ができることもメリットです。

 
下記の転職エージェントは、日本最大級の転職会社で支援実績も多数ありますので、
情報源として信頼のおける転職会社となります。

 
h5メイテックネクスト
h5オールエンジニア
h5DODA
 
 

Follow me!

ピックアップ記事

関連記事一覧

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.