日本キャタピラー【機械系技術職】の中途採用事情~年収、応募資格など~

年収500万~の求人

日本キャタピラーと言えば、油圧ショベルやダンプトラックなど工事用の建機の製造・販売で有名な企業です。日本の北から南まで拠点も多く、どの地域に住んでいても拠点があるため働きやすく、需要も途切れることがなさそうです。そんな日本キャタピラーで働く社員の年収事情やワークライフバランスについて調べてみました。

 
企業CMなどの動画ではありませんが、「ヘビーローテーション by CAT」という動画を見つけました。こんな面白い動画もあるもんだなと感心しました。
 

 
 

日本キャタピラーの中途採用の応募資格と選考プロセスについて

 
日本キャタピラーでは、公式サイトにて技術系の中途採用を募集しています。詳しくはそちらをチェックしてみて下さい。この記事を書いている今現在(2016年8月)では、詳しいテーマごとの応募はしていないようです。公式サイトにて募集ページがありますので、志望する方は募集ページを随時チェックしてみてください。

 
 
必要資格としては、玉掛けや小型移動式クレーン免許、フォークリフト、床上操作式クレーンや振動工具などになっています。※他にもあります。建機を扱うメーカですので、いろいろ設計以外でも資格が必要になるようですね。

 
 
選考プロセスですが、以下の流れになっています。
 
書類応募・エントリー

1次面接(各地域)

2次面接(本社:東京)

内定
 

こういった特殊車両となる業界はそのものズバリの経験者は少なく、ほとんどの中途採用者が未経験からの出発となるケースがほとんどです。機械設計は経験があるが、車両自体の経験は無いといった状態です。

 
 
また、建機業界の企業というのは、国からの仕事の依頼があるケースがほとんどです。いわば、国とのパイプがあるわけです。日本キャタピラーに限らず、こういった企業は人気度が高いため、地元住民や役員、知り合いのコネ入社も未だ存在するくらいです。

 
 
公式サイトで通年募集ではなく、随時募集があるのは、こういった背景があることも一因となっています。日本キャタピラーを志望する場合、ただ公式サイトから応募するのではなく、転職エージェントに登録して、応募するほうがベストです。

 
転職エージェントは、企業とのコネクションを持っているため、いち早く募集情報などが知らされ個別に情報を教えてくれるからです。

 
いちいち自分で企業の募集内容やタイミングをチェックすることなく、転職エージェントから情報が入った時点で教えてもらうほうがはるかに効率がいいからです。
 
 

実際に自分が希望する職種や非公開求人などの情報も持っていますので、転職エージェントの担当に相談すれば、いち早く情報を入することができます。また、試験や面接といった採用試験対策についても、過去の傾向や過去の実績から的確にアドバイスを貰うことができるのです。下記転職エージェントであれば、国内最大級の規模を持つ転職会社ですので、信頼のおける情報を教えてもらうことができます。

 
h5メイテックネクスト
h5オールエンジニア
h5DODA
 
 

日本キャタピラーの年収事情について

そんな人気の高い日本キャタピラーで働く社員の年代別年収について調べてみました。
 
 
・開発、在籍3~5年、新卒入社、男性、一般、20代前半、年収450万
・開発、在籍5~10年、新卒入社、男性、一般、31歳、年収550万
・開発、在籍5~10年、中途入社、男性、一般、30代前半、年収500~650万
・開発、在籍5~10年、中途入社、男性、一般、30代前半、年収500~650万
・開発、在籍5~10年、中途入社、男性、マネージャー、40歳、年収1000万
・開発、在籍15~20年、新卒入社、男性、スペシャリスト、40代前半、年収1100万~

 
サービス残業もなく、満額支給であるようです。
 
賞与は年に3回あるらしく、個人の活躍もきちんと評価してもらえるようで、社員の満足度も高いようです。(3月、6月、12月に支給される)ボーナスの割合が大きため、会社の業績によっては年収が大幅に変動することもあるようです。

 
 
2013年から給与システムが変更になったため、同期入社であっても配属される部署によって年収が大きく変わるようになったようです。

 
 

日本キャタピラーのワークライフバランスについて

 

平日の残業時間ですが、残業はあるものの月に40~70h程度に制限があるようで、サービス残業もほぼ無いようです。
 
有給取得についても会社側が推奨しているため、取得率も高く、周りで長期休暇を取っている人も見受けられるようです。ただし、マネージャークラスになると残業時間も月100hを超える場合もあり、土日も家で仕事をするなど、ワークライフバランスは悪化する傾向にあります。

 
 
女性社員も働いており、基本的に自分で時間調整はできる感じです。突発的な残業があまりないので、かなり融通が効く会社だと評価されています。

 
年間休日日数も多いので、総合して働きやすい環境の部署だという評価になっています。

 
 

日本キャタピラー中途採用に実績のある転職エージェント

 

これまでご紹介してきたように、日本キャタピラーはャリア採用を募集していますが、通年の募集ではなく随時必要なタイミングで募集が出るスタイルとなっています。

 
土木関係企業から強いパイプを持った企業ということで、人気度も高く、キャリア採用での入社も難しいようです。日本キャタピラーを希望する人は、公式サイトからエントリーする方法もありますが、企業の内部情報を詳しく教えてもらい相談できる転職エージェントに登録することをおすすめします。

 
一般応募から募集する方法よりも、支援実績のある転職エージェントに登録すれば、面接対策はもちろん、自分のキャリアを最大限にアピールできる方法を直接教えてもらうことができ、採用に有利に働くからです。

 
 
支援実績のある転職エージェントには、各社コネクションがありますので、表には出てこない、より詳細で信頼性の高い情報を教えてもらうことができるのです。

 
また、複数の転職エージェントに登録すれば、セカンドオピニオンという形で情報の信頼性を確かめることもできますので、志望度が高い人は複数の転職エージェント登録することをおすすめします。下記の転職エージェントは、日本最大級の転職会社で支援実績も多数ありますので、情報源として信頼のおける転職会社となります。

 
h5メイテックネクスト
h5オールエンジニア
h5DODA
 

arrow_blueどうせなら転職エージェント利用体験談を読んでみる
 

Follow me!

ピックアップ記事

関連記事一覧

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.