技術者なら業界に特化した転職エージェントが圧倒的に有利!

おすすめ転職支援サイト一覧

技術者なら業界に特化した転職エージェントが圧倒的に有利です。その理由は業界の事を熟知しているからです。技術者の仕事はかなり特殊な部分が多くあり、業界としては比較的狭い特殊な分野ということがいえます。ですから、外の世界から見ていると同じようなものに見えても、中の技術者にとっては全く違う世界ということはよくあります。専門的に深く突き詰めていればいるほど、この傾向は強くなるといっていいでしょう。だからこその技術者でもあるわけです。ですから、普通のエージェントが紹介するような仕事では、なかなか技術者が求めるようなものと合わないということがあります。これはエージェントがその人の特長をしっかりと把握できていないことや、業界の知識というものが不足していることに要因があることがよくあるのです。ですから、業界内の情報に詳しい、業界に特化した転職エージェントが圧倒的に有利ということになるわけです。

 

情報を活かすも殺すも受け手次第

このことは、情報を入手する際にもは変わってくることになります。業界に特化している人の元には、情報が集まりやすいということがあります。これは、何もわからない人のもとに情報がきても、その人ではその情報を活かしきれませからスルーをしてしまったりします。それでは情報を出す人もそのような人にせっかくの情報を出すだけ無駄となるので、どんどんと情報を出さなくなります。ですが、しっかりと、情報を聞き取ってくれるエージェントであれば、情報を活かして活用してくれるので、ますます情報を出していこうとすることになります。つまり、情報を活かせる人のところにはどんどんと情報が集まるようになるというわけです。特に技術者のような専門職の情報というのは、見る人が見ないと分からないことがおおいものです。

 
例えばCADの出来る人材を募集しているというような情報があったとします。これだけなら、普通のエージェントはCADが出来る人材を集めようとします。ですが、単にCADといってもいろいろなものがあり、機械設計のためのCADや建築家のためのCAD、CG技術者のCADなど、似ても似つかぬものがいっぱいあります。これらを混同して伝えるエージェントと、そうではなくしっかりとどんな内容のCADなのかを把握して伝えるエージェントでは、明らかに情報の活かし方が違ってくることは間違いのないところです。上記の例では機械系のCADに特化した人材を必要としているのに、CGの技術者に声をかけたのではなんの意味もありません。このようなことは、業界に特化しているエージェントであれば、すぐにわかることなので、CADという言葉を聞いたときに、それはどんなCADなのかを確認することをします。ですが、CADが分からない一般的なエージェントであれば、そのままCADが使える人を探してしまいます。その結果全く役に立たない情報だけを掴んできてしまうということになるわけです。専門分野の仕事というのは、とても深く、使われる言葉もかなり独特なものとなっているものも多く専門用語がある程度は分かっていないと話が通じないということもよくあることです。専門職でなければ、このようなことも少ないわけですが、技術がどんどんと深い特殊なものとなっていけばいくほど、こうした傾向というのは強くなっていくことになります。だからこそ、業界に特化したエージェントが必要とされるわけです。そうでなければ、言葉の意味すらしっかり理解できないことがよくあるのです。

 

なぜエンジニアの転職支援は難しいのか

専門職仕事をしている技術者というのは言葉というものも独特ですから、使い方ということも分かっている必要性があります。根拠のないことは話が出来ないというようなこともあります。技術を重視している人たちは、数字を重視するという傾向が顕著です。何しろ、自分たちがしている仕事のほとんどは、この数字をいかに扱うのかということが最大の課題ともなっているからです。作業効率を上げたりするにも数字というものを重視します。ですから、根拠を必要とするような時でも数字というものが大きな意味を持つということを知っておくことが必要だったりするわけです。例えば、この会社の市場に対するシェアは50%を超えています。となると、その会社は市場を半分以上占有しているわけですから、価格決定力を持つというようなこともわかり、その会社というものが、市場において強い力を持っているということが分かります。ですが、これを大きな市場を持っているというような説明だけにすると、いったいどれぐらいの大きさなのかということがイメージ出来ないので、ピンとこないということがあります。数字というものをしっかりと説明の中に入れて話をするということが大切ということも、業界に特化したエージェントであれば、当たり前のこととして、知っていることです。これは、専門的なことではない話をするときでもいえることです。その人の特長をしっかりと把握することがエージェントには求められることになります。

 
転職を支援する側としては、特にエンジニアの転職支援となると、技術的に深いところまで知っている専門家に話をするときには、どういう情報が必要となるのかということが分かっている必要性があるということです。そうでなければ、話が全体的に漠然としてしまって、折角の情報がしっかりと相手に伝わらないということがあるのです。専門家というのは、その分野に関しては深い知識と経験がありますから、少々情報が足りなくても、自分でその足りない部分を補って理解することが出来ますが、専門分野外のことはそうはいません。そうしたところの情報が不足していると自分で補うというよりは、その情報自体に栓をして、ふたをしてしまうことが多いともいえるでしょう。その結果、詳細に見れば有益な情報となるものを逃してしまうということもよくあるのです。一部の知識に特化した専門家というのは、それ以外の不確定な情報に関しては、興味を持ちにくいということがあります。そして、興味を持たない情報には見向きもしなくなるということがよくあります。ですから、エージェントはこうした特徴を理解して、情報は正確かつ数字などを利用して明確に伝えるということが必要とされるわけです。単に情報を伝えればいいというわけではないということも分かる必要があるわけです。

 

エンジニアに特化した転職エージェントの必要性

基本的に技術者は自分の仕事の範囲以外のことには、詳しくはないということです。そのために詳しくないことに関しては、最も理解するのに簡単な数字を必要とするわけです。数字は物事を理解するのに最もわかりやすいということを知っています。10個のものは5個のものより2倍の数があるといえば、物の個数は明確で、わかりやすいものですが、大きい方は少ない方よりかなり大きいなどといわれれば、何のことやらわからないということになります。これは、ちょっと大げさな例ですが、このようなイメージで専門職の人は物事を考えているわけです。これが分かる人は上記のようにしっかりと数字を使って物事を表現するようにします。ですが、分からない人はイメージだけ伝わればいいとして、アバウトな表現を繰り返すようなことをしてしまいます。それでは、なかなか専門分野に深く入っていて、自分の中で多くの仕事をしている人には伝わらないということになってしまうのです。ですから、業界をよく知っているエージェントが必要とされるのです。そういった意味で、下記に紹介する転職エージェントは、エンジニアに特化したプロフェッショナルが集まった転職会社なのです。

BIZ REACH




DODA

DODA01a



メイテックネクスト

meitec01a

Follow me!

ピックアップ記事

関連記事一覧

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.