小松製作所【機械系技術職】の中途採用事情~年収、応募資格など~

関東地方の求人事情

世界中どこにいってもコマツ建機が見れるほど、コマツ製品の世界シェアは高くなっています。ダントツソリューションと呼ばれるコア技術を持つコマツですが、建機メーカの中でも特に技術力の高いメーカと評判になっています。そんな設計品質の高いコマツで働く社員の年収やワークライフバランスなどを調べてみました。

 
まずは、コマツの会社概要についてわかりやすい動画がありますので、ご覧ください。

 
 

小松製作所の中途採用の応募資格と選考プロセスについて

 
小松製作所では、公式サイトにキャリア採用の募集ページがありますので、詳細はそちらをチェックしてみて下さい。キャリア採用において、現在は以下の職種が募集されています。
 
・法務
・顧客サポート職
 
公式ページ(本社)での募集は、上記2つの職種となっていますが、小松製作所は、大きなグループ会社ですので、開発・設計の募集も行っています。コマツ本社は東京にありますが、建機などの開発本部は神奈川にあります。現時点(2016年7月)での募集はありませんが、開発・設計の募集は通年ではなく、随時応募しているようです。
 
 

新卒・キャリア採用ともコマツでは、選考基準が明確になっています。選考基準が公式ページに記載されていますので、簡単に紹介します。
 

1.年齢・性別・学歴は問いません
2.生まれ育った国と地域は問いません
3.宗教、心情は問いません
4.障害の有無は問いません
5.他社・他業界での職務経験をおおいに評価します

 
応募者一人ひとりに対して、公正に評価し、公平に扱っていることが読み取れます。選考プロセスは以下の流れとなります。
 
1.書類選考

2.一次選考(筆記試験・面接)

3.最終選考(面接・WEBSPI適性試験)

4.内定
 

コマツのキャリア採用では、「他社・他業界での職務経験をおおいに評価する」と選考基準でも明記されている通り、自分のスキルが認められる社風となっています。世界で活躍する建機や重機の設計を目指したい方には、とても人気の高い会社です。

 
一般募集では、あまり公に募集されない技術職の求人ですが、こういった募集は、非公開求人として募集がされています。転職エージェントに登録すれば、コマツとのコネクションもありますので、求人があればすぐに教えてもらうことができます。また、転職エージェントであれば会社の就労環境やワークライフバランスなどの詳細な情報も手に入れることができます。このページの最後に小松製作所の転職に実績の多い転職エージェントを紹介しますので、ご参考にしてください。

 
 

小松製作所の年収事情について

 
yahoo!ファイナンスによると、小松製作所の2016年度は、平均年齢38.5歳で平均年収は711万となっていました。他の製造業の中でも高い水準となってりますね。ほとんどの人が、今の職種よりも年収アップは見込めるのではないでしょうか。社員の年代別に年収情報をご紹介します。
 
・開発本部、在籍3未満、新卒入社、男性、一般、20代前半、年収400万強
・開発本部、在籍3~5年未満、新卒入社、男性、一般、28歳、年収550万
・開発本部、在籍5~10年未満、新卒入社、男性、一般、30代前半、年収720万
・開発本部、在籍5~10未満、新卒入社、男性、一般、30代後半、年収650万
・開発本部、在籍15~20年未満、新卒入社、女性、管理職、36歳、年収1000万
・開発本部、在籍20年以上、新卒入社、男性、課長クラス、40代後半、年収1000万

 
 
基本給は同業他社とさほど変わりないようですが、賞与がとても多く、今のところ最低6ヶ月はもらえているようです。この待遇は、社員の満足度も高いようです。普段もサービス残業は一切なく(できないシステムになっている)、働いた分はきちんと支給されるようです。
 
年収の内、残業代とボーナスが占める割合が多いので、景気が悪化すると収入低下は避けられないですが、これはどの会社も同じですね。業績の評価については、各自の業績もきちんと評価され昇給額に反映されるため、年功序列型の古き風習はないようですね。開発本部としては、ありがたい評価制度となっています。

 
だた、一つ注意点として、コマツの開発部門は有名どころの大学出身者が多く、東大卒が多いようです。学歴がないと肩身の狭い思いをするようです。ただ、人事の評価制度は非常に公正で、学歴や年齢で昇給が決まるのではなく、あくまで課せられた課題をクリアできたかといった能力で判断されます。
 

逆に言えば、学歴がなくてもそういった一流思考の人たちと一緒に仕事ができ、その人たちから学べるので、恵まれた環境とも言えますね。
 
 

小松製作所のワークライフバランスについて

 
ワークライフバランスですが、開発部門としては、バランスが取れる環境だと言えます。平日は残業も少なく、決められた時間内に仕事をこなすシステムになっています。定時退社日も設けられていますので、趣味の時間も持てるようです。

 
有給取得率も良く、年間休日128日にプラスして15日の年休を取らなくてはいけない制度となっています。年休は最長で5日連続(リフレッシュ休暇)で取得できるので、土日も合わせると、最大9連休が取れることになります。家族の予定も計画しやすい環境ですね。総じて、設計・開発部門はON/OFFがきっちり分けられる環境のようです。

 
 

小松製作所中途採用に実績のある転職エージェント

 

これまでご紹介してきたように、小松製作所はキャリア採用を募集していますが、通年ではなく非公開求人として応募しています。また社員はみなスキルが高く、会社としても実力主義の風潮があります。学歴も高い人たちが集まっているようです。
 

まずは応募が公になっていないので、転職エージェントに登録して、情報をキャッチすることをおすすめします。支援実績のある転職エージェントには、各社コネクションがありますので、表には出てこない、より詳細で信頼性の高い情報を教えてもらうことができるからです。転職エージェントであれば、会社の就労環境など情報を持っていますので、細かな疑問にも答えてくれます。

 
また、複数の転職エージェントに登録すれば、多方面からの情報をいち早くキャッチできますので、非公開求人への対策も取ることができます。下記の転職エージェントは、日本最大級の転職会社で支援実績も多数あります。ただし、人材紹介会社によって小松製作所とのコネクションの強さに差がありますので、志望度の高い人は複数登録して損はないと思います。

BIZ REACH




DODA

DODA01a



メイテックネクスト

meitec01a

Follow me!

ピックアップ記事

関連記事一覧

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.