富士ゼロックス【機械系技術職】の中途採用事情~年収、応募資格~

関東地方の求人事情

富士ゼロックスはオフィス複写機、ワークステーション、パーソナルコンピューター、ファクシミリ、CADシステム、プロッター、プリンター、用紙、電子部品、コピーサービス等が主要の商品を扱っている会社です。親会社は富士フィルムホールディングスとなり、富士ゼロックスはその連結子会社という位置づけです。子会社という位置づけながら巨大な規模である富士ゼロックスの年収やワークライフバランスなどについて調べてみました。

 

富士ゼロックスの会社CMが面白いので、紹介します。

ユーモアがあって、思わず見てしまいます^^

 
 

富士ゼロックスの中途採用の応募資格と選考プロセスについて

 
富士ゼロックスのキャリア採用は、公式ページに募集ページがありますので、
そちらをチェックしてみて下さい。
 
簡単に募集内容と応募資格についてご紹介します。
 
 
応募している職種は、主にIT技術系が多いようです。
その一例を紹介します。
 
・クラウドサービス/スマホアプリ等の開発担当[横浜みなとみらい] ・新規事業開発(マシンビジョン、画像処理の研究・技術開発)[横浜みなとみらい] ・ビッグデータ解析[横浜みなとみらい] ・クラウド運用リーダー[横浜みなとみらい] ・システムエンジニア(ITサービス)[横浜みなとみらい] ・CPS用アプリケーション開発・保守[横浜みなとみらい] ・海外向けソフトウェア開発のプロジェクトマネジメント[横浜みなとみらい] ・活用を見据えた発明抽出[横浜みなとみらい]

 
その中にも機械系の応募もいくつかありますので、ご紹介します。
 
・自動化に向けた設備機械。複雑組立の自動化開発[海老名事業所] ・自動化設備のメカ設計[海老名事業所] ・自動化適性判断ツールの開発 CADアプリエンジニア[海老名事業所] ・産業用大型プリンターの運用、営業技術[六本木T-CUBE] ・大型デジタル印刷機部門のシステムエンジニア[六本木T-CUBE]

 
 
ここで応募資格ですが、希望とする職種によって条件が異なっていますので、
詳細は公式ページを確認することをおすすめします。
 
主に自動化がテーマとなるキャリア採用なので、
ロボットの運用や3次元CAD、CAMやCAEなどの経験があると、
アピールポイントとして高いようです。

 
選考ステップは、全部でステップ6まであります。

STEP1:ご希望の応募職種にエントリー
STEP2:書類選考
STEP3:一次面接(面接30分、適性検査20分)
STEP4:二次面接(面談30~40分、能力検査60分)
STEP5:条件面談
STEP6:内定(入社日に関しては応相談)

 
 
選考ステップはいたって普通の感じですが、
富士ゼロックスは学歴重視の傾向が強いようです。
 
基本的に、IT系の専門職が多いので、うなずけるような印象ですね。

 
ですが、機械系で富士ゼロックスを希望される方は悲観する必要はありません。
 
商品(有形物)というのは、ハードがあって、ソフトがあるからです。
現に、機械系の募集もあり、そもそもCADシステムを販売しているので、
機械系の知識は重宝がられます。

 
富士ゼロックスは、単体で従業員数4万5,000人を超え、
売上高も1200億を超える上場企業ですので、
キャリア採用を希望する人も少なくありません。
 
規模が大きい会社では、応募する職種もひっきりなしに変化しますので、
こういった情報をいち早くキャッチして、自分の希望する職種を
見つける方も多いのです。

 
こういった難易度の高い企業へ転職する場合、一般応募からエントリーする方法もありますが、
転職エージェントに登録して、いち早く情報をキャッチすることをおすすめします。
 
転職エージェントでは、企業の情報を密に持っており、
コネクションもありますので、より詳細な情報を教えてもらえます。

 
また、自分の強みを最大限に引き出してもらうためのアドバイスも
直接教えてもらえるので、転職エージェント経由での応募が人気が高いです。

 
 
富士ゼロックスの支援実績に定評のある転職エージェントを下記に載せますので、
複数に登録すれば、いち早く情報をキャッチできるのでベストです。

 
h5メイテックネクスト
h5オールエンジニア
h5DODA
 
 

富士ゼロックスの年収事情について

 
富士ゼロックスの中途採用で開発、技術職の年収事情について
ご紹介します。

 
・開発、在籍3年未満、中途入社、男性、リーダー、30代、年収800万
・開発、在籍3年未満、中途入社、男性、一般、40代、年収650~700万
・開発、在籍3年未満、中途入社、女性、一般、30代前半、年収800万
・開発、在籍20年以上、中途入社、男性、一般、40代、年収1000万

 
 

定期昇給があるほか、残業代もきちんとつくので待遇面では恵まれている環境のようです。
また、男性、女性関係なく、キャリア採用されれば年収は高めとなっています。

 
 

富士ゼロックスのワークライフバランス

 
開発部門においても、有給休暇の取得促進を全社的に推進しているので、
申請すれば取れるようです。
また、育児と仕事の両立ができる環境整備も行き届いてるみたいですね。
今の時代に合った、社員に協力的な会社と言えます。
 
開発系の職種は1週間のまとまった夏季休暇があることも魅力です。

 
有給休暇の他にも、フレックスホリデー制度や永年勤続によって
連続で取れる休暇日数が増えていく制度、リフレッシュ休暇制度など
さまざまな休暇制度を取り入れています。

 
 
数年前とは異なり、今はかなり会社の風潮として変わってきている模様です。
 
ただ、繁盛期や商品開発で納期が決まっているときなどは、
言うまでもなく、例外もあります。

 
しかしながら、退職率が高いのも事実です。
 
理由の多くは、新しいことに挑戦する社風ではないので企業に未来を感じられないことや、
年齢層が高く、若手が子会社に飛ばされてしまう、プライドだけが高い高年齢層の管理職
の顔色を常に伺いたくないなどが挙げられます。

 
富士ゼロックスは収益の7割がコピーやプリンタービジネスであるため、
将来性を望めないと思っている技術者が多いようです。
 
保守的な社風は大企業特有で、どこの会社にもありますので、
キャリア採用を考える人は、その点も十分に検討する必要があります。

 
 
そもそもお給料が高く、その分野でも技術も確率されていますので、
安定志向の方には、喜ばれている声も多数あります。

 
 

富士ゼロックスの中途採用に実績のある転職エージェント

 
これまでご紹介してきたように、
富士ゼロックスは学歴を重視する傾向があるようです。
筆記や面接がありますが、如何に自分のスキルが役に立てるのかを
面接ではアピールしていく必要があります。
 
従業員数が多いので、中途採用でもライバルが強いことは確かなようです。

 
職種も変化が早いので、自分の希望する職種情報をいち早くキャッチするためには、
複数の転職エージェントに登録することをおすすめします。

 
 
支援実績のある転職エージェントに登録すれば、
富士ゼロックスとのコネクションがありますので、
就労環境や採用試験の対策についても、
多くのアドバイスを個別にもらうことができます。

 
下記転職エージェントは、日本最大級の転職会社で支援実績も多数あります。
情報源として信頼のおける会社となりますので、ぜひ登録することをおすすめします。

 
h5メイテックネクスト
h5オールエンジニア
h5DODA
 

arrow_blueどうせなら転職エージェント利用体験談を読んでみる

ピックアップ記事

関連記事一覧

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.