京セラ【機械設計】の中途採用転職情報~年収・応募資格など~

年収700万~の求人

京セラ株式会社は京都に本社を置く国内大手企業であり、創業者の稲盛和夫氏は日本を代表あする実業家の一人として有名です。京セラの取り扱い品目は電子機器や情報通信機器をはじめとし、太陽電池やセラミックなど多岐にわたり、新しい価値を開拓していくことをスローガンとしています。


 

京セラの中途採用情報と選考プロセス

2017年2月、京セラでは機械設計・研究開発における職種のうち、下記を対象に中途採用者を募集しています。
 
[機械設計] 
・車載用カメラモジュール開発業務
・車載カメラ製造技術業務
・生産設備の機械設計/制御設計
・半導体製造装置用セラミック製部品 商品設計

 
[研究開発] 
・有機材料基板製造プロセス技術開発業務

 
京セラの選考プロセスは公式サイトからのWebエントリーによる書類選考から始まり、2度の面接を合格した後に内定が出る流れとなっています。面接の場合、遠隔地に住んでいると交通費だけでも大きな負担となるものですが、京セラは面接のための交通費を全額支給してくれますので気兼ねすることなく応募していくことができます。在職中の場合、同社は円満退職を前提としていますので、この点には注意が必要です。
 
 

京セラ株式会社の年収事情

Yahooファイナンスの調べによると、平均年齢41.1歳で平均年収は703万円となっています。41歳で700万の年収は十分高額な部類に入ると思います。さらに詳しく機械設計・研究開発の担当者として同社で得ていくことのできる年収の目安として下記をご参考にしてください。
 
・設計・開発 26歳 男性 新卒 500万円
・設計 30歳 男性 新卒 650万円~700万円
・開発 32歳 男性 中途 650万円
・技術開発 35歳 男性 中途 技術係長 850万円 
・開発 40歳 男性 新卒 900万円(諸手当込み)
・開発 42歳 男性 中途 主事 900万円~950万円
 
給与水準としては大手電機メーカーの標準的なものとなっており、京セラでは職階級が細やかに設定されており段階的な昇格をしていきます。これに合わせて基本給部分も変動していきますが、主事になるとそれ以上は一握りの人数しか昇格できません。裁量労働となれば、みなし残業手当となりますので、深夜まで働き続けても一部分ですか給与に反映されません。賞与は夏・冬それぞれ2.5~2.7ヶ月分となっており、評価が大きく反映されています。賞与の査定には病欠などの突発的な有給取得や、交通違反などがあれば大きく下げられますので、社会の模範となれる人材を強く求めている会社です。
 
 

京セラ株式会社のワークライフバランス

1年に1回は5日連続有給取得のルールがあるなどワークライフバランスへの取り組みがみられますが、それ以外の面においては、上司が有給を取得しないために部下も有給取得しづらい空気があります。1~3日前に休日出勤が決まったり、1カ月に3回までの休日出勤が認められているなどの影響でプライベートの予定が立てづらいところがあります。
 
このように会社全体として仕事優先の雰囲気が流れていますので、ワークライフバランスへの取り組みをそのまま自分だけ積極的に活用していこうという気持ちにはなかなかなれません。特に裁量労働制になると、時間外としての対象ではなくなりますので遅くまで残業する日々が続くこととなり、平日のプライベートは考えられなくなるのが実情です。
 
とても体育会系な会社でもあり、女性にとって特有のライフステージまでを考慮してくれるものではないので、女性の人数自体がさほど多くありません。
 
 

京セラ株式会社の退職理由検討

退職を考える人のコメントを見ると、以下のことが挙げられていました。

・業界として不景気であり、将来の成長性に疑問を感じた
・上司の部下に対する取り扱いに我慢が出来なくなった
・社内での専門性は高まっても、一般的に見た専門性はそのままであると感じた
・体育会系の軍隊的なハードワークに耐えられなくなった
・長時間労働が続き、ワークライフバランスを考慮したため
・会社行事がとても多いことから

 
退職理由は、人それぞれの価値観があり、それが自分にそのまま当てはまるとは限りません。自分に直面しなければ逆に感じることがありません。そういった意味で、検討理由に関してはご参考程度としてください。

 
 

京セラの転職に実績のある転職エージェント

京セラは近畿地方はもとより全国的に知名度が高い企業で人気の高い会社です。あまり一般には馴染みがないかもしれませんが、京セラは工作機械の工具メーカとしても有名です。新しい価値を開拓していくことをスローガンとしている通り、たくさんの分野で京セラという会社名を聞くことが多いと思います。それだけ信頼の高い会社ということもあり、キャリア採用においては、とてもハードルが高くなっています。自分のスキルを即・即戦力として相手に認識させなければ採用は厳しいという状況です。
 
そういった意味でも転職エージェントを活用することは得策です。転職のプロの情報と指導を受けることが近道となることは容易に想像がつくはずです。周りを見ても一見何もしていないように見えて、実は転職エージェントを利用していることは多いです。今や転職エージェントの支援なしで、自力での応募は年々少なくなる傾向となっており、キャリア採用を希望する人たちの意識も高くなってきています。まずは、求人情報を収集するためにリクナビNEXTへ登録すると便利です。リクナビNEXTは多くの企業が参加している転職サイトですので、求人情報が集まりやすいです。京セラに限らず、気になる求人を幅広く集めることができるので役立ちます。
  リクナビNEXTの無料登録はこちら    

さらに、京セラへの転職決意が固く、志望度が高い人は転職エージェントへ登録することをおすすめします。転職エージェントは会社とのコネクションがありますので、会社の内部情報を持っており、給与体系や上司や職場の雰囲気など、他ではわからないことを個別にアドバイスしてもらえます。複数の転職エージェントに登録すれば、多方面から情報を教えてもらうことができるので信ぴょう性を確認でき、入社した後に後悔しなくて済みますよね。
 
会社の内部情報は外部からなかなか入手することが難しいこともありますので、転職エージェントのコネクションを利用しない手はないと思います。下記に記載する転職エージェントは、国内でも最大級の規模をもつ会社ですので、実際の就労環境などについても詳しく教えてもらうことが出来ます。

 


中途採用で定評の高い転職エージェントをご紹介します。転職エージェントに登録すれば、自分の労力が格段に減る一方で好条件の転職先が見つけ易くなります。企業の内部情報なども手に入り、直接は伝えづらい給与交渉も代わりに交渉してもらえます。複数登録すれば、転職成功率も上がりスピードアップに役立ちます。
 










 

ピックアップ記事

関連記事一覧

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.