三菱電機受配電システム【機械設計】の中途採用転職情報~年収・応募資格など~

年収600万~の求人

三菱電機受配電システム製作所は発電所から送られてきた電気をコントロールしながら、工場やビル、各種プラントや鉄道関連などからの電気需要に貢献している電力インフラを支える企業です。また、省エネに貢献するための製品の開発・提供、太陽光の導入など幅広い電気事業を展開しており、グローバル市場の開拓にも取り組む会社です。

 

三菱電機受配電システムの中途採用情報

2017年2月初旬では三菱電機受配電システム製作所の機械設計・研究開発について、公式サイト上で下記の職種の中途採用募集が掲載されています。
 
・モータの設計開発
・自動車エンジン用部品の設計
・構造設計エンジニア
・熱流体設計エンジニア
・密着イメージセンサの機構設計
・空調機圧縮機モータの開発設計
・空調用圧縮機開発
 
上記に希望される職種テーマがなかった場合でも、公式サイトからキャリア登録ができます。キャリア登録をしておくことで、後々にあなたのスキルが活かせる職種の求人が発生した場合、同社より連絡が来るシステムです。
 
選考プロセスはまず公式サイトからWebエントリーし、通過者は2度の面接を経て内定となります。面接は基本的に応募する職種の事業所となっておりますので、受配電システム製作所へ応募された場合、面接の場は香川県丸亀市となります。
 
 

三菱電機受配電システム製作所の年収事情

同社の機械設計、研究開発に従事している方の年収の目安は以下となります。
 
・研究開発 29歳 男性 新卒 500万円
・研究開発 30歳 男性 新卒 主任 550万円~600万円
・電気設備設計 30歳 男性 中途 在籍3~5年 700万円
・設計   31歳 男性 中途 在籍1~3年 700万円(残業代含む)
・機械設計 35歳 男性 中途 在籍5~10年 480万円
 
同社では賞与も5カ月を水準に支給されたり、時間外労働分の支給がされたりと、基本給以外の部分で稼いでいくスタイルです。ただし、管理職などになった場合には残業時間が給与として反映されなくなってきますので、この点は多くの企業が採用している年俸制になります。また管理職でなくとも、専門機関系統となれば時間外がつかなくなる点にも注意が必要です。基本給の部分については年功序列の風潮が強く、横並びで昇給していきますので、あまり成果や貢献度を積極的に反映している会社ではありません。
 
 

三菱電機受配電システムのワークライフバランス

休日日数自体は標準的な会社よりも気持ち的に多めといったところですが、基本的には残業がとても多く、夜遅くまで残っているのが当たり前といった空気が流れているのでプライベートを充実していこうと思うにはとても厳しい環境です。
 
上記のような状況では社内の部署同士でのやり取りも忙しく取り交わしていきますので、自分の所属部署で休みが取れる状況にあっても、他の部署の都合で休むことができないといったことも頻繁にあり、年功序列の意識が強い風土から、本来は休日となる日であっても上司の視線も感じつつ出勤せざるを得ない気持ちにさせられます。
 
このような厳しさを感じる同社にてプライベートも重視していくためには、自分の裁量で仕事量の調整をおこなっていくことで若干の調整は効いてきます。
 
 

三菱電機受配電システムの退職検討理由

退職を考える人のコメントを見ると、以下のことが挙げられていました。

・残業時間がとても多く、ワークライフバランスが崩壊しているため
・企業内での立ち回り方は身に付くが、社会でのキャリア形成にとって難を感じた
・社内の雰囲気の悪さ、風通しの悪さに耐えられなかった
・裁量制になると残業など時間外労働分が給与に反映されなくなったため
・国内電力自由化の流れで将来的な成長を感じることができなかった
・身体がもたなくなった
・夜遅くまでの残業や休日出勤が当たり前の状況下、精神的にやられた
 
退職理由は、人それぞれの価値観があり、それが自分にそのまま当てはまるとは限りません。自分に直面しなければ逆に感じることがありません。そういった意味で、検討理由に関してはご参考程度としてください。

 
 

三菱電機受配電システムの転職に実績のある転職エージェント

三菱電機受配電システムは一見、電気関係の仕事が多いと思われがちですが、実は機械系のキャリア採用枠も多く存在しています。メインは電気機器かもしれませんが、必ずハードが必要となります。その部分において機械設計が重宝されるということです。また、製品一覧を見てもらうとわかりまsが、筐体自体年々モデルチェンジしている難しい設計ではありません。なので、これまで機械屋として設計担当をしていたならば、仕事量としては減り、貰える報酬は高くなるため狙い目の企業と言えるでしょう。
 
やりがいを取るか、プライベートを取るかという選択になると思うのですが、あなたがこういった電気メインの企業の中で機械屋として働くことを良しとするならば、もってこいの会社だと思います。これまでよりも年収アップが見込めるなら、一度、アプローチしてみると良いと思います。
 
そういった意味でも転職エージェントを活用することは得策です。転職のプロから情報と指導を受けることが近道となることは容易に想像がつくはずです。周りを見ても一見何もしていないように見えて、実は転職エージェントを利用していることは多いです。今や転職エージェントの支援なしで、自力での応募は年々少なくなる傾向となっており、キャリア採用を希望する人たちの意識も高くなってきています。まずは、求人情報を収集するためにリクナビNEXTへ登録すると便利です。リクナビNEXTは多くの企業が参加している転職サイトですので、求人情報が集まりやすいです。三菱電機受配電システムに限らず、気になる求人を幅広く集めることができるので役立ちます。
  リクナビNEXTの無料登録はこちら    

さらに、三菱電機受配電システムへの転職決意が固く、志望度が高い人は転職エージェントへ登録することをおすすめします。転職エージェントは会社とのコネクションがありますので、会社の内部情報を持っており、給与体系や上司や職場の雰囲気など、他ではわからないことを個別にアドバイスしてもらえます。複数の転職エージェントに登録すれば、多方面から情報を教えてもらうことができるので信ぴょう性を確認でき、入社した後に後悔しなくて済みますよね。
 
会社の内部情報は外部からなかなか入手することが難しいこともありますので、転職エージェントのコネクションを利用しない手はないと思います。下記に記載する転職エージェントは、国内でも最大級の規模をもつ会社ですので、実際の就労環境などについても詳しく教えてもらうことが出来ます。

 


中途採用で定評の高い転職エージェントをご紹介します。転職エージェントに登録すれば、自分の労力が格段に減る一方で好条件の転職先が見つけ易くなります。企業の内部情報なども手に入り、直接は伝えづらい給与交渉も代わりに交渉してもらえます。複数登録すれば、転職成功率も上がりスピードアップに役立ちます。
 










Follow me!

ピックアップ記事

関連記事一覧

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.