リコー【機械系技術職】の中途採用転職事情~年収や選考プロセスなど~

関東地方の求人事情

株式会社リコーは東京の銀座に本社を置く光学機器メーカーであり、コピー機やファックス、プリンターおよび複合機、デジカメなどで名の通った会社です。グループ企業も数多く存在しており、特に販売部門が強い力を持っている企業として有名です。法人向けの販売・保守を主としていますが、家電量販店などでもリコー製品が売られていますので、誰もが一度は同社の製品を目にしたことがあるでしょう。

 

株式会社リコーの中途採用情報と選考プロセス

2017年5月現在、リコーは下記の職種において機械設計・研究開発のキャリア採用を募集しています。

[募集中の職種一覧]
・システム設計【産業用インクジェット作像システム・モジュール/設計開発】
・システム設計【商用印刷用途向けインクジェット作像技術】
・有機材料開発【AM用材料開発(3Dプリンタ対応)】
・プロダクトマネージャ(産業インクジェット分野)【産業用インクジェットプリンターシステム】

機械設計・研究開発部門は神奈川県海老名市にあるテクノロジーセンターでの勤務となります。選考プロセスは同社の公式ホームページより希望する職種を探し、見つけたときにはエントリーフォームより応募することで書類選考されます。その後、自宅でのWebテストを受験し、2度の面接を経て内定が出る流れとなっています。

希望する職種がない場合でも、キャリア登録しておくことができますので、あなたのスキルにリコーが興味を抱いた際には声がかかるようにしておくことも可能です。採用情報ページはとても充実した内容となっていますので、リコーへの転職をご検討しているのであれば目を通してみることがおススメです。

 

リコーの年収事情

yahooファイナンスの調べによると、リコーの年収は平均年齢43歳平均年収829万円となっています。これはかなり高めの年収アップが見込める企業です。さらに詳しく中途入社し、研究開発・設計として働いている方の年収の目安は以下となりますのでご参考にしてください。

・設計 30代前半 男性 在籍3~5年 550万円(残業含む)
・開発 30代前半 男性 在籍2年目 600~650万円(残業含む)
・研究開発 35歳 男性 在籍5~10年 580万円
・開発・設計 30代後半 男性 在籍5年強 650~700万円
・設計 係長クラス 40代 男性 在籍10~15年 800万円
・研究開発 課長 41歳 男性 在籍10~15年 900~1000万円
 
役職が付く前であれば他社企業とさほど差がないと思われますが、役職が付けば一気に100~150万は年収が上がっていますね。給与水準は同業他社と比べても悪くありません。福利厚生も充実しているとの声があります。しかし、若年のうちは昇給ベースが緩やかであり、年齢によっては年収が低いと感じる時期もあるようです。

賞与は年2回となっており、支給額はその年度における業績によってバラつきがあります。収入面での全体的なバランスがとれている印象を受けますが、毎年のように取られる特例措置があり、組合もないため会社の思うままであるといった一面もあります。

 

リコーのワークライフバランス

ワークライフバランスのとりやすい会社であるとの声が多数を占めています。有給取得がしやすいだけでなく、大型連休の合間に合わせて有給を取ることが推奨されていますので、海外へ旅行に行くこともできます。フレックスタイム制を利用して月内就業時間を満たしておけば、育児や介護、習い事などのプライベートなスケジュールも組みやすく、社内でもこのような働き方への理解が浸透しているため、協力してくれる風土も出来上がっているようです。

女性にとっても働きやすい会社です。産休から復帰する人が多く、配偶者の転勤などの場合には数年休職できる制度もあります。時短勤務制度を利用して育児にも励むことのできる環境です。女性管理職はまだ少ないですが、女傑と呼ばれる管理職も少なからずいますので、キャリア志向の女性にとっては頼もしい存在といえることでしょう。

 

リコーの退職検討理由

年収も高くワークライフバランスの取れたリコーですが、社員の中には退職を考えるひともいます。退職を考える人のコメントを見ると、以下のことが挙げられていました。

・製品ジャンルが成熟化し、他社の後追いばかりとなっていたから
・福利厚生が年々悪化しているため
・上の世代が詰まってきており、今後の昇進に期待できない
・暖かな社風は自分にとって刺激が物足りないものとなった
・企業成長していくイメージが湧かないため、将来が不安

退職理由は、人それぞれの価値観があり、それが自分にそのまま当てはまるとは限りません。自分に直面しなければ逆に感じることがありません。そういった意味で、検討理由に関してはご参考程度としてください。

 

リコーの転職事情まとめ

給与水準は平均以上であり、働きやすさは抜群の会社です。多くの方が求める環境がリコーには用意されているといえるでしょう。今後、より重視されていくワークライフバランスが現在でも十分に整備されていますので、転職先としてはかなりおススメな会社です。

そんなリコーへの転職志望度が高く、転職を確実に成功させたい人は転職エージェントに指導を受けるという手段が最も効果的です。リコーの中途採用で採用を手にするにはエージェントからアドバイスを受けることは非常に効果的なのです。

ただ、1点注意が必要なことは人材紹介会社はそれぞれ企業とのコネクションの強さに差がありますので、登録する転職サイトによってはコネクションが弱いケースがあるということです。そのためには複数の転職エージェントに登録して転職先となる企業とのコネクションの強さを判断することも必要となります。

ここで、同社の転職に強い転職エージェントをご紹介します。国内でも最大級の規模をもつ会社ですので、実際の就労環境などについても詳しく教えてもらうことが出来ます。転職活動において活用して損はないと思います。


中途採用で定評の高い転職エージェントをご紹介します。転職エージェントに登録すれば、自分の労力が格段に減る一方で好条件の転職先が見つけ易くなります。企業の内部情報なども手に入り、直接は伝えづらい給与交渉も代わりに交渉してもらえます。複数登録すれば、転職成功率も上がりスピードアップに役立ちます。
 










Follow me!

ピックアップ記事

関連記事一覧

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.