ミスミ【機械系技術職】の中途採用事情~年収、応募資格など~

関東地方の求人事情

「部品調達の革命」を起こしたミスミですが、エンジニアであればミスミ製品を使ったことのある方も多いのではないでしょうか?ミスミは特注品を標準化して、カタログに掲載して販売し、短納期販売をビジネスモデルとして実現させた会社です。これらシステムによって、設計者の図面作成時間を大幅に短縮させることに成功しました。そんなミスミで働く社員の年収事情やワークライフバランスについて調べてみました。

 
ミスミのTVCM動画をご紹介します。

この短い時間で、端的にミスミをアピールできている部分がすばらしいですよね。

 
 

ミスミの中途採用の応募資格と選考プロセスについて

 
ミスミでは、公式サイトにキャリア採用の募集ページがありますので、詳細はそちらをチェックしてみて下さい。簡単にキャリア採用の募集している職種について紹介します。

 
【本社(東京)】
 
[セミナー選考会] ・MGLソリューション営業MIG推進室
・VNM事業開発メンバー
・FAL事業開発
・UUMユーザーサービス
 
[事業開発] ・事業開発
・営業
・機械設計エンジニア
 
[グローバルプラットフォーム構築] ・ロジスティクス企画
・マーケティング
・EC/Webシステム
 
[管理部門] ・ファイナンス

 
 
この中でも、機械系の募集は、[事業開発]の機械設計エンジニアとなります。機械設計エンジニアの職種について詳しく応募応募を見ると、

・3D-CADを用いたFA装置に関する設計業務のご経験をお持ちの方

が条件となっています。
 
 

【駿河生産プラットフォーム/駿河精機(静岡)】
 
[製品開発・製品技術]

・製品開発・製品技術(管理職及びエンジニア)
・工場計画エンジニア(管理職及びエンジニア)
・開発設計
・検査治具・設備設計
・金属材料の分析・評価解析エンジニア
・金型製造者、工作機械開発設計
 
こちらの応募資格は以下の条件となっています。
 
[必須] ・3D-CAD設計経験
・機械部品評価試験経験
・4年生大学もしくは工業高専卒以上(機械工学専攻)
 
[歓迎] ・機械部品の評価試験業務経験
・機械部品の加工に関する知識
・機械部品の摩耗、及び潤滑に関する知識

 
グループ会社のダイセキ(兵庫県)も募集がありますので、こちらも公式サイトをチェックしてみて下さい。ミスミでは、装置部品の特注品を標準化して、カタログに掲載して販売、価格を抑えて短納期販売するメーカですので、バリバリの装置メーカとは異なっています。逆にお客様からのクレームをなくための検査や耐久性などの評価に対するウェイトが大きくなるのです。

 
 
説明の中には、工作機械メーカーで工作機械設計の経験がある者を優遇しているようです。実は、こういった企業はある意味、転職先としては狙い目企業となります。装置の完成度を追求するメーカというのは、年収から見ても業界全体として低い傾向にあるからです。
 
 
一方、第一線の製造業からちょっとズレた立場でものづくりに関わった分野では、他社との価格競争に巻き込まれず、会社として成長できる存在になります。キーワードは、「自動化」「儲かる業界」「カタログ販売」ですね。ビジネスモデルとしては、最適です。

 
 
ここでミスミへ転職したい人は、公式ページから募集する方法もありますが、転職エージェントに登録して非公開求人でエントリーする方法がベストです。ミスミでは、さまざまな分野で機械系の募集があります。ということは、自分のスキルがミスミどの部分に合致するのかわからないのです。
 
また、ミスミ内でも部署によって年収事情や働きやすさなどが変わったりもします。なるべく良い条件で自分が活躍できる場を正確に見るけるためにも、転職エージェントを活用することが最適です。

 
転職エージェントでは、ミスミへの支援実績も多く、会社の内部情報に詳しいので、より適切なアドバイスをもらうことができます。下記転職エージェントであれば、国内最大級の規模を持つ転職会社ですので、信頼のおける情報を教えてもらうことができます。

 
h5メイテックネクスト
h5オールエンジニア
h5DODA
 
 

ミスミの年収事情について

 
yahoo!ファイナンスによると、ミスミの2016年度は、平均年齢38.1歳で平均年収は「-記載なし-」となっていました。データが更新されるタイミングにも依るのでしょうか。金額の記載がないので、社員の情報を詳しく見ていきたいと思います。
 

では、もう少し社員の年収を年代別に調べてみました。

 
・事業開発、在籍3年未満、新卒入社、男性、一般、20代前半、年収420~460万
・事業開発、在籍3年未満、中途入社、男性、一般、20代前半、年収850~900万
・事業開発、在籍3~5年、新卒入社、女性、一般、20代後半、年収730万
・事業開発、在籍3未満、中途入社、男性、一般、30歳、年収600万
・事業開発、在籍3~5年、中途入社、男性、一般、30代前半、年収750万
・事業開発、在籍3未満、中途入社、男性、副事業部長、40歳、年収1500万

 
 
総年俸=年俸+利益配分+残業代となっており、事業開発メンバーだと、利益配分は100~150万くらいだそうです。基本給が650万くらい、インセンティブが50万程度で、残業代が100万みたいですね。インセンティブがある時点で羨ましいです。

 
また、社員のコメントでは残業代は青天井とのことこの点も素晴らしいですね。ミスミの事業開発は東京の本社であり物価も高いため、年収が高くなっているのも要因としてあると思います。また、中途採用のメンバーも多いため、単なる年齢だけで比例的に比較ができないことも事実です。
 
 
ただ、「儲かる業界」だということは他の事業部署を見てもわかりました。年収重視で多く貰えれば多少のことは我慢できると思える人にはベストな企業だと思います。

 
 

ミスミのワークライフバランスについて

 
そんなミスミ社員のワークライフバランスについて調べてみました。

 
平日の残業ですが、ミスミでは慢性的に残業が長いようです。管理職が皆遅くまで残っているので、早く帰り辛い雰囲気があるようです。平日を遅くまで残業して、土日はきちんと休みメンバーが多いようです。特にトラブルが生じると終電帰りになるそうです。
 
 
有給取得も取りにくい雰囲気だそうです。休んでいてもメール等が入ってくるようですね。
※チームリーダー次第

 
とは言いつつも、メンバーすべてがそうではなく、オンとオフのメリハリを付けて仕事をされている方もいます。残業はありますが、前向きに仕事をしている人が多いので、やらされている感じはないようです。
 
 

ミスミ中途採用に実績のある転職エージェント

 
これまでご紹介してきたように、ミスミはキャリア採用を募集していますが、部署も多く自分のスキルが最も活かせる部署を探すためには、転職エージェントに登録しエントリーすることをおすすめします。

 
ミスミ内でも部署によって年収事情や働きやすさなどが変わったりもします。なるべく良い条件で自分が活躍できる場を正確に見るけるためにも、転職エージェントを活用することが最適です。

 
支援実績のある転職エージェントには、各社コネクションがありますので、表には出てこない、より詳細で信頼性の高い情報を教えてもらうことができるからです。転職エージェントであれば、会社の就労環境など情報を持っていますので、細かな疑問にも答えてくれます。

 
また、複数の転職エージェントに登録すれば、多方面からの情報をいち早くキャッチできますので、非公開求人への対策も取ることができます。下記の転職エージェントは、日本最大級の転職会社で支援実績も多数ありますので、志望度の高い人はすべて登録しておくことをおすすめします。

 
h5メイテックネクスト
h5オールエンジニア
h5DODA
 

arrow_blueどうせなら転職エージェント利用体験談を読んでみる
 

Follow me!

ピックアップ記事

関連記事一覧

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.