ビズリーチを利用してわかった7つのこと【体験談】

おすすめ転職支援サイト一覧

直近の私の転職活動において、何社か転職エージェントを利用しましたが、そのうちの一つにビズリーチがあります。転職エージェントとしては後発組ではありますが、社長がリクルートモデルになっている現状の人材紹介会社のビジネスモデルに疑問を感じて会社を立ち上げたということ、そこから会社人事が積極的に採用できるようにとダイレクトリクルーティングのサービスを提供していることに私は好感を持っていました。そのビズリーチを利用して感じた転職市場における事実を7つお伝えしたいと思います。これから転職活動をはじめる方の参考になればと思います。


 
まずはビズリーチが行っているダイレクトリクルーティングサービスについて簡単に触れておきます。ダイレクトリクルーティングサービスとは、求人を募集している企業があなたの職歴やプロフィールといった情報を見て、直接あなた(転職希望者)へアプローチするシステムとなります。エージェントを介さないため、あなた自身が意向を直接伝えられる、やり取りに時間がかからないといったメリットがある一方で、書類やデータが評価の対象となり、エージェントによるプラスアピールができないといったデメリットもあります。

 

最終的に私は企業と直接やり取りもしましたし、エージェントも活用して転職活動をしましたので、感じたこと7つをお伝えしようと思います。結論を言えば、企業との直接やり取りは、個人的にあまり良い記憶がありません。企業によっては必要以上に時間がかかるケースもあったり、またエージェントを挟まないため、私のような口下手な人やアピール下手な人にとってはマイナスに転ぶケースもあります。今後の課題もあるということです。今回は主に転職エージェントのサポートを受ける場合のお話が中心となることをご了解下さい。

 
 

ビズリーチを利用してわかった7つのこと

1.担当する転職エージェントが鍵
どのような人が自分の担当エージェントとして動いてくれるのか、非常に大事です。希望した会社の担当がその人だったという場合は運次第になりますが、ビズリーチの場合、エージェントの得意分野、モットーといった情報はサイトから事前にわかるようになっています。受け身ではなく、積極的に指名することも一つです。また複数のエージェントに依頼するなどしてその中から信頼できる任せられるエージェントを選んでください。

 

2.転職エージェントに自分を知ってもらう
エージェントに必要最低限しか自分の情報を伝えようとしないことはしない方がいいです。求人会社以上にエージェントに自分の価値観、人生感、キャリア、働き方について話し、それを理解してくれるエージェントと付き合うことを目指してください。

 

3.信頼のおけるエージェントなのかを判断していく
エージェントといっても在籍するすべての人がパーフェクトではありません。もちろん優秀なエージェントが大半だと思いますが、中にはそうでない人も現実的にはいるのです。私が思う“信頼できないエージェント”とは、クライアント企業の実態をつかんでいないにもかかわらず、期待をさせる営業トークをするといった方のことです。これを判断するにはすぐには分からないことが多いです。最初から信頼できる人かわかるのは正直難しいです。大抵は何度かやりとりをしていく中でお互いに信頼できる、うまくやって結果が出そうだということがわかってきます。信頼のおけないエージェントが担当になると転職活動自体が非効率的になってしまうことは明白だと思います。なので、この部分の判断を怠らないようにして下さい。

 

4.エージェントとの役割分担を把握し、越権行為をしない
お互いに信頼関係ができれば、チームとして役割を任せるところは任せましょう。最終的に内定が出る段階のところでは、自分が会社側と直接話して色々固めていきたくなる気持ちになりますが、ここはエージェントを信頼して役割を踏まえることが大事です。勇み足が命取りになるものです。例えば、面接で良い結果を出すのは求職者、条件交渉やクライアント企業との窓口はエージェントということを押さえて、良い結果が出そうな時に越権しないように注意することが良好な結果を出す上で重要となります。

 

5.求人会社の採用窓口がどの立場の人間かで結果が変わる
人事経由での書類選考は通らなかった会社が、別経路で直接本部長の書類選考が通り内定が出たという事例がありました。一般的に転職回数が多くて型取りに落とされても、採用ニーズが本当にわかっている方からみればハマるということがあるのです。これはビズリーチに限ったことではありませんが、クライアント企業が色々な求人の出し方をする中で同じ求職者に対して求人経路が違うと、結果が吉になったり凶にもなるということです。面接者のニーズの認識違いで合否が変わるということが実際に起こっています。

 

6.スカウトサービスでスカウトされても有頂天にならない
今ではよく転職サイトにスカウトサービスが常設されているものが多いですが、スカウトされたからといっても特別採用されるわけではなく、エージェントが会社側に推薦するということに過ぎません。つまり書類選考の入り口に立ったに過ぎないのです。浮き足たたずに、心して臨んでください。

 

7.最終的に成功するかどうかは関わる人間の要素によるところが大きい
インターネットを駆使して、転職活動は本当にやりやすくなっています。しかしだからといってそのまま転職が決まりやすくなっているわけではありません。多くの人がサービスを利用することで競争は厳しくなっています。その中で成功するためには、今までお話しした通り、求職者、転職エージェントなど関わる人たちの連携、信頼関係という人の要素によるところが大きいのです。得てして便利ですので、機械的な転職活動をしてしまいがちですので、ここは誤解しないでください。

 

以上7点お伝えしましたが、いかがでしたでしょうか。ビズリーチの特徴として、企業と直接やり取りできる選択とエージェントのサポートを受ける選択、2つの選択肢があることが特徴となります。人それぞれ自分の好みで選べるため、自分に合ったスタイルで転職活動を進めることができます。是非転職成功へ向け参考にしてください。

 
今回ご紹介する転職サイトはこちらです

 

ビズリーチは、会員制のハイクラス求人・転職サイトです。人気の求人やお勧めの求人を会員様だけに公開。ハイクラス(現状年収600万以上)のビジネスパーソンと人材を探す企業をマッチングする転職サイトです。

 
もしあなたが管理職の転職を目指しているなら、今注目を集めている「JAC Recruitment」がおすすめです。JAC Recは専門分野別にチーム制をとっていますので、あなたの職種に関する様々な情報を理解することができます。その分、転職先への交渉が有利となり、さらに年収面でも大幅なアップが見込めます。大手優良企業への転職成功率は業界でトップクラスと言えます。自分の価値を見直してキャリアアップしたい方はぜひ無料登録してみてください。


Follow me!

ピックアップ記事

関連記事一覧

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.