ダイキン工業【機械系技術職】の中途採用事情~年収、応募資格など~

平均年収別

ダイキンは東証1部の企業で、空調機器のメーカとして有名です。他にもゴムや塗料といったフッ素化学製品や電磁弁や油圧ユニットといった油圧製品など、幅広い商品開発を行っています。工業製品だけでなく建築や一般家電にも参入している会社ですので知名度も高いです。そんなダイキンで働く社員の年収事情やワークライフバランスについて調べました

 
ダイキンといえばこのCMで有名ではないでしょうか。

 
 

ダイキン工業中途採用の応募資格と選考プロセスについて

 
ダイキンの中途採用は、公式サイトに募集ページがありますので、詳細はそちらをチェックしてみて下さい。簡単に募集内容と応募資格について紹介します。まずは、ダインキン工業が募集している職種です。

 
・研究開発
・機械系
・電気系
・生産技術
・品質管理
・組込ソフト、社内SE
・建築設備・計装
・化学
・事務・管理部門

 
 
ここで、機械系の職種について詳しく見てみます。2016年度の募集内容は次の通りです。

 

【研究開発】
 
 電気特性向上させるフッ素樹脂発泡 および PE発泡の研究・開発
 複合材料研究開発 (PMMA樹脂)
 複合材料研究開発 (ポリイミド樹脂)
 複合材料研究開発 (ポリカーボネート樹脂)
 モータ設計・開発
 電気特性向上させるフッ素樹脂発泡 および PE発泡の研究・開発
 モータ設計・開発・研究
 ファン・風周り研究・開発
 合成技術(電池材料)
 技術職(合成技術)
 合成技術(シミュレーション)

 

【機械系】
 
 空調機および空調機部品の生産設備開発
 圧縮機設計開発(高効率/低コスト技術開発)
 圧縮機設計開発(潤滑設計・構造設計・解析)
 圧縮機設計開発(音・振動低減技術開発)
 油圧システムの設計・エンジニアリング
 油圧機器の設計
 機械設計技術者(樹脂材料評価の実用評価経験者)
 空調機および空調機部品の生産設備開発(機械設計)
 金型開発(樹脂・板金・精密金型設計)
 金型開発(金型部品加工:樹脂・板金・精密金型)
 モータの工法開発・生産準備
 生産技術(プリント基板製造工程ラインエンジニア)
 圧縮機設計開発(高効率/低コスト技術開発)
 圧縮機設計開発(潤滑設計・構造設計・解析)
 圧縮機設計開発(音・振動低減技術開発)
 

【生産技術】
 
 空調機および空調機部品の生産設備開発(機械設計)
 空調機および要素部品の加工技術、組立技術の開発
 生産技術(樹脂射出成形エンジニア)
 生産技術(プリント基板製造工程ラインエンジニア)
 
※2016年7月調べ
 
 
ダイキンでは、機械系の職種の応募が多いです。機械系技術者を志望する人は、選択肢が広がりますよね。応募資格ですが、各職種のテーマによって内容が異なっていますので、詳細は公式サイトでチェックしてください。
 
 
キャリア採用ですので、必須となる応募資格があります。それはこちらの条件となります。
 
・自動車、電気製品の量産ラインの生産設備の設計、開発(経験年数5年以上)
・機械工学系学科卒

 
さらに、
 
・自動機械の設計、開発経験のある方で、開発機械の構想、製図だけでなく、組立、調整にも自ら取り組める方
・単体機械の事だけでなく、ラインエンジニアリングの知識もある方
・英語 TOEIC500以上もしくは同程度
 
という応募資格となっています。

 
 
選考プロセスは、以下となります。
 
1.書類選考
  ↓
2.1次面談
  ↓
3.適性テスト
  ↓
4.2次面談
  ↓
5.採用

 
ダイキンは一般家庭用の家電でも有名ですが、コア技術は産業用機器であります。そのコア技術を活かして、近年では急成長しています。その背景には、質的人材強化という視点からキャリア採用を積極的に行ってきた背景があるからです。全社員に占めるキャリア入社の社員比率は、業界トップの23.5%にも及んでいます。
 
ですので、企業側からすると、中途採用者を見る洗眼力は優れていると言えます。企業の規模も単体で7千人弱、連結で6万人以上という巨大な企業ですので、競争率もかなり高いものとなります。
 
 
大企業でのキャリア採用では、倍率が高いことはもちろん、面接では企業が応募者に期待する隠れたポイントが必ずあります。ただ採用要件を満たしているというだけでなく、その隠れたポイントを把握してアピールすることが、特に中堅・ベテランの方は重要になります。

 
中途採用の応募については、公式サイトからの募集ページからエントリーする方法もありますが、ダイキンへの志望度が高い人は転職エージェントに登録することをおすすめします。転職エージェントは、ダイキンへの支援実績も多く、コネクションがあるため、より詳細な情報を持っています。
 
実際に自分が希望する職種や非公開求人などの情報も持っていますので、希望する職種について求人があった場合、いち早く情報を入することができます。また、試験や面接といった採用試験対策についても、過去の傾向や過去の実績から的確にアドバイスを貰うことができるのです。下記転職エージェントであれば、国内最大級の規模を持つ転職会社ですので、信頼のおける情報を教えてもらうことができます。

 
h5メイテックネクスト
h5オールエンジニア
h5DODA
 
 

ダイキン工業の年収事情について

 
yahoo!ファイナンスによると、ダイキン2016年度は、平均年齢40歳で平均年収は717万となっていました。さすがにエアコンのシェアで世界一であるダイキンですね。お給料面では、十分満足いく額となっているようです。
 
 

ほとんどの人が、今の職種よりも年収アップは見込めるのではないでしょうか。もう少し詳細に年代別の年収情報を紹介します。

 
・設計、在籍3~5年、新卒入社、男性、一般、28歳、年収550万
・技術、在籍3~5年、中途入社、男性、一般、29歳、年収500~600万
・設計、在籍3~5年、中途入社、男性、一般、30歳、年収600万程度
・開発、在籍5~10年、新卒入社、男性、開発チーフ、30歳、年収550~600万
・技術、在籍3~5年、中途入社、女性、一般、30代、年収500万程度
・設計、在籍5~10年、新卒入社、男性、一般、33歳、年収700万
・設計、在籍20年以上、新卒入社、男性、課長代理、35歳、年収600万

 

ボーナスは景気にもよりますが、年間5ヶ月~分でるようです。ボーナスだけでも年間で100万はでるので、社員にとってはとても魅力があります。
 
開発設計部門では、入社して何年か経つと裁量勤務となり、残業時間などは固定額となるようです。裁量勤務とは、残業時間が20時間相当に固定され、残業しても、しなくても残業代が固定給として支払われる勤務体制のことですね。
 
実働残業時間の方が多くなるので、納得いかない社員も少なくないみたいです。残業代が全額支払われる企業に比べ、残念な印象を持ちますが、それでも年収としてはその残業代込みの結果ですので、納得いく方も多いです。休日出勤もほとんどないようなので、全体的には、満足感を得ている感じです。

 
 

ダイキン工業のワークライフバランスについて

 
ワークライフバランスですが、年1回、有給休暇を5日間連続で取れる制度があるようです。有給期間中にお忍びで出社する社員もいて、そういう人が出世するとのコメントもありますが、実際に取る、取らないは別として、5日間連続で取れる制度があること自体、よい環境だと思います。
 
平日も残業はあるようですが、残業代も支払われ、週に1回は定時退社日を設けているようです。
 
組合の力も大きいのではないかと思いますが、設計部門は他部署と比べて残業が多くなる部署ですので、こういった取り組みは、社員(設計)にとってありがたいですよね。また、女性の方の意見では、福利厚生に不満はないということです。女性の働きやすさとしても、社員に協力的な会社だという印象です。

 
 

ダイキン工業中途採用に実績のある転職エージェント

 
これまでご紹介してきたように、ダイキンはキャリア採用を募集していますが、キャリア採用ではこれまでの経験値を重視しており、会社としても即戦力を求めています。機械系の職種も多く、自分の実績を活かせるフィールドが多いのですが、自分のスキルを活かせる職場なのかはチェックが必要となります。
 
 
こういった情報は、支援実績のある転職エージェントに登録すると、内部情報を教えてもらうことができます。支援実績のある転職エージェントには、各社コネクションがありますので、表には出てこない、より詳細で信頼性の高い情報を教えてもらうことができるのです。

 
また、複数の転職エージェントに登録すれば、多方面からの情報をいち早くキャッチできますので、ゆとりをもって採用試験対策ができることもメリットです。下記の転職エージェントは、日本最大級の転職会社で支援実績も多数ありますので、情報源として信頼のおける転職会社となります。

 
h5メイテックネクスト
h5オールエンジニア
h5DODA
 

arrow_blueどうせなら転職エージェント利用体験談を読んでみる
 

Follow me!

ピックアップ記事

関連記事一覧

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.