ソニー株式会社【機械設計】の中途採用転職事情~年収、応募資格など~

関東地方の求人事情

日本でも名を知らない者はいないだろう電機メーカーであり、傘下には金融や不動産、介護や放送など多くの業種ごとにグループ子会社を持つ大企業です。このような多岐にわたる事業展開の中枢であるソニー株式会社では、これらを支える機械設計部門においても各分野のプロフェッショナルを積極的に募っております。


 

ソニー株式会社の中途採用情報

ソニー株式会社の公式サイトによれば、下記の職種について中途採用を募集しています。同社は中途採用者のキャリアより、更に専門性を高めていけるように細部まで区分した職種別採用を行っているようです。

 

公式サイトによる中途採用の募集は必要に応じて随時更新されてますので、ソニー株式会社で働いてみたいとお考えであれば、定期的に同サイトをチェックしてみることをおススメします。キャリア登録をしておくこともできますので、あなたのスキルが活かせる職種での中途採用が募集された場合、ソニーからあなたへと選考情報が通知されますので、とても便利なシステムです。ソニーに限らず自分の条件にマッチした企業案内が欲しい場合は、リクナビNEXTが便利です。  リクナビNEXTの無料登録はこちら  

 

選考プロセスは公式サイトから希望職種へ応募した後、書類選考通過者は2回の面接を受け、これらに合格することで内定が得られます(2017年1月末現在)。現在中途採用の募集は以下の職種が挙げられます。

 

[研究開発領域]
ロボティクス技術開発エンジニア
次世代トランスデューサ研究開発 (マイク・ヘッドホン・スピーカ)

 

[カメラ/放送用・業務用機器/メディカル事業領域]
民生用及び車載用、業務用のカメラおよびレンズ、プロジェクタ、メディカル関連機器の開発
プロジェクターの機構設計者
プロジェクターの放熱設計者募集
業務用カメラ・カムコーダーのメカ設計者募集

 

[テレビ事業領域]
LCD-TV(BRAVIA)の機構設計
LCD-TV(BRAVIA)のパネル設計

 

 

ソニー株式会社の中途採用者年収事例

ソニーの年収事情ですが、yahooファイナンスによると、平均年齢は43.4歳で平均年収は935万円となっています。かなり高い年収事情となっています。さらに年代別年収事情について詳しく見ていきます。

 

研究開発 28歳 男性 在籍3年未満 650万円
研究開発 30歳 男性 在籍3~5年 700万円
設計 35歳 男性 在籍5年 800万円―900万円
設計マネージャー 39歳 男性 在籍8年 1000万円―1100万円
設計 40歳 男性 在籍10~15年 900万円
研究開発 40歳 係長 男性 在籍10~15年 900万円―1000万円
機構設計 52歳 男性  在籍25年 820万円

 

上記のように、中途入社5年目あたりまではあまり収入の差が発生しませんが、その後は能力が収入へと強めに反映されていきます。能力評価が高ければ年齢も関係なくなり、役職ともなれば高額が支給されております。また、特許関連では手当が出るのも特徴的です。

 

 

ソニー株式会社の働きやすさ

同社に転職しようと思う動機は人それぞれなものですが、ソニーで働いている人が口を揃えて言っているのは“しっかりと意思を持って入社する”ことです。所属部署によって若干の差異はあっても、やはり日本を代表するメーカーだけに慌ただしさが付きまとうものでありますので、意思の曖昧な状態で入社しても周りに振り回されることとなりがちな点には注意が必要です。

 

しかし、ソニーでは一昨年あたりから人事制度の変更がおこなわれており、若い人たちにもチャンスが巡りやすい環境となってきています。能力が収入へと反映されやすい同社だけに、就業に際してポジティブなビジョンを持ち、それを維持することができる人にとってはとても良好な労働環境と言えるのではないでしょうか。

 

 

ソニー株式会社の退職検討理由に関する事情

そんなソニーでも、退職を考えるときが来るようです。そんな退職を考える人のコメントを見ると、以下のことが挙げられていました。

 

・事業計画と現場の実際の状況が乖離している
・日本の電機メーカーを取り巻く不況によるキャリア形成の不安
・作りたいものが作れなくなった
・人事制度や給与体系の変更が収入面でマイナスに作用しているため
・マネージャーになれなければ50代以降に不安を感じるため
・会社としての方向性に疑問を感じているため

 

退職理由は、人それぞれの価値観があり、それが自分にそのまま当てはまるとは限りません。自分に直面しなければ逆に感じることがありません。そういった意味で、検討理由に関してはご参考程度としてください。

 

 

ソニーの中途採用に実績のある転職エージェント

これまでご紹介してきたように、ソニーの中途採用は細かな職種別採用を設けていますので、自分のキャリアに合った職種が選びやすそうです。また、年収事情も全体的に高い水準となっており、中途採用でも5年を過ぎると、自分のスキルに合わせてグンと伸びる要素があることがわかります。働きやすさとしても若いものにもチャンスがある環境が整っています。そうった意味でも大変魅力のある企業だと判断できますよね。

 

ただ、こういった企業への転職では、当然競争率も高く、簡単に転職できるほどあまくないところが実情です。自分をアピールすることができず、大切な面接で失態を招いてしまうケースも多々見られます。そんなとき転職エージェントであれば、これまでの支援実績もありますし、コネクションを使って信頼のおける内部情報を教えてもらうことができます。志望度の高いひとほど手堅く転職エージェントに登録し、プロのアドバイスを受けることをおすすめします。

 

さらに、複数の転職エージェントに登録すれば、より確実に多方面からの情報をもらうことができますので、面接対策には最適です。

 

こういった企業は、応募者に期待する隠れたポイントが必ずあります。ただ採用要件を満たしているというだけでなく、その隠れたポイントを把握してアピールすることが、特に中堅クラスの人には重要なポイントとなります。下記転職エージェントは、日本最大級の転職会社で支援実績も多数ありますので、情報源として信頼のおける会社ですので登録することをおすすめです。


中途採用で定評の高い転職エージェントをご紹介します。転職エージェントに登録すれば、自分の労力が格段に減る一方で好条件の転職先が見つけ易くなります。企業の内部情報なども手に入り、直接は伝えづらい給与交渉も代わりに交渉してもらえます。複数登録すれば、転職成功率も上がりスピードアップに役立ちます。
 










ピックアップ記事

関連記事一覧

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.