オリエンタルランド【機械系技術職】の中途採用事情

関東地方の求人事情

オリエンタルランドは中途採用者の希望も多く、とても人気の高い職種となっています。一見、技術職とは無縁のようなオリエンタルランドですが、実は非常に重要な役割を果たし必要とされている業務があります。中途採用事情とともに紹介していきます。

 

オリエンタルランドの中途採用について

 
オリエンタルランドの中途採用は随時募集があります。機械系の職種を希望する人もオリエンタルランドには若干名ですが募集がありますので、公式サイトの募集ページをチェックすることをおすすめします。
 
中途採用者の応募資格には条件がありますので、そちらも忘れずにチェックしてみて下さい。
《応募資格》
四年制大学を卒業し、2015年6月1日時点で社会人経験を3年以上お持ちの方
「社会人3年目」ではなく、社会人経験が3年0ヶ月以上の方が対象となります。
※平成26年度調べ
 
第4次選考まであり最終面接もありますので、かなりハードルが高いことが予想できますね。オリエンタルランドの就職を希望する人数もかなり多いので、転職者の倍率としても比例して高くなっている模様です。さらに、中途採用者の募集は不定期となるため、一度採用情報を逃してしまうと次の採用時期までかなり期間が空いてしまうという事態になってしまいます。
 
そこで、公式サイトからの募集以外に、転職エージェントに登録して、採用情報を直接教えてもらうというやり方もあります。このやり方だと担当者から直接連絡してもらえるため、確実に求人情報をもらうことができます。
 

 
 

オリエンタルランドの年収事情

 
オリエンタルランドの平均年収は、いろんなところで調べることができます。2016年のyahooファイナンスの調べによると、従業員数は2,229人(単独)、4,438人(連結)で 平均年齢は44.1歳、平均年収は792万円だそうです。
 
もう少し、詳細なデータはこちらです。
・中途入社6年目、33歳、専門職、年収550万~600万
・大卒中途採用17年目、50歳、技術職、年収780~800万

 
オリエンタルランド全体で見ると、平均44歳で792万円となっており、技術職に関して言えば、給与以外でも休暇の面で満足を得られている声が多いようです。ただ、最近になって社長交代がありコスト意識が厳しくなっているようで、全体的に残業ゼロ、ベースアップゼロの方針に変わってきている様子です。

 
ただ、技術職においては多くのユーザーが自分の担当した商品(サービス、設備、企画など)を楽しむ姿を間近で見れることがモチベーションアップに繋がっている様子です。普通の企業では、エンドユーザーのクレームこそあるものの、喜んでおられる姿はあまり見ることができません。そういった環境の違いが技術職のやる気を持続させているようですね。

 
 

オリエンタルランドのワークライフバランス

 
一般的な企業の技術職と言えば、残業、残業、また残業といった風潮が印象的だと思います。オリエンタルランドの技術職では、残業はあるものの、あまり膨大な量を課せられていることは無いようです。
 
また、過度な休日出勤などもなく、勤務日と休日のバランス調整も比較的取りやすい環境のようです。ただ、皆自主的に会社以外での勉強や資格取得のための勉強をされているようで、この部分の勤務時間の認識が本部側と理解がなく、意見がぶつかっているようです。しかし、これは、一般企業では当たり前のことで、技術職は一人前になるまではとにかく勉強は必要ですし、実戦経験が必要となります。もともと技術職を志望するのであれば、ある程度は受け入れられるのではないかと思います。

 
 

オリエンタルランドのの求人に実績のある転職エージェント

 
先にもご紹介したとおり、オリエンタルランドの中途採用情報は公式サイトより募集ページがあります。しかしながら、不定期の情報掲載となっているため、一度、その情報を逃してしまうと次の募集までに一定期間待たなくてはなりません。それよりも、複数の転職エージェントに登録して、アドバイザーから直接連絡を受け取る準備をすれば、確実にあなたのもとに採用情報が入ってきます。
 
ここで1つ注意点があるのは、人材紹介会社はその会社ごとに企業とのコネクションの強さに差があることです。できれば複数登録してコネクションの強弱を判断しながら転職活動を進められると心に余裕がでると思います。
 
下記転職エージェントであれば、支援実績もありますので情報源として利用して損はないと思います。

BIZ REACH




DODA

DODA01a



メイテックネクスト

meitec01a

この3社であれば、オリエンタルランドの就労環境などについて教えてもらうことができます。内部情報は外からはなかなか手に入らない情報ですので、コネクションのあるアドバイザーに教えてもらうとよりスムーズに転職活動を進めることができると思います。

 
 

ピックアップ記事

関連記事一覧

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.