エンジニアの転職者で100万アップはこうして実現した!

年収アップ体験談

転職の機会は、年収を増加させるチャンスであり、条件を満たすことで成功する確率が上昇します。例えば、年収数百万円のエンジニアであれば、転職によって100万円アップを目指すことが出来ます。実際に成功した転職者の例としては、平均年収に近いエンジニアとして働き、計画的に転職することで年収が増加したケースが挙げられます。このエンジニアは、20代とまだ経験が浅いものの、転職のタイミングを上手く狙うことで、将来性が買われ年収の増加に成功しました。

 





 

年収100万アップした転職者の特徴とは

転職者によっては、転職してから失敗したと感じたり、もっと他に良い会社があったのではないかと、後悔するケースが少なくありません。しかし、一方では成功している転職者がいること、そして100万円アップが夢ではないのもまた事実です。これから今後を考える人は、エンジニアの転職者の事例を参考に、計画的な転職を実行することがポイントになります。

 
希望年収と実際の年収の格差は、年齢ごとに縮まるものなので、ある程度経験を積んでから転職した方が有効です。具体的には、25歳前後に境目があり、24歳以降は年収の格差が小さくなる傾向があります。つまり、24歳を目処に転職を考え、25歳頃から実行に移す計画が有効的といえます。

 
また、エンジニアとしての技術力に加え、柔軟性を持った転職を計画することで、より大きな年収を目指すことも夢ではなくなるでしょう。技術系のエンジニアといっても、IT分野と電気や機械、そして建築や食品系では年収に大きな隔たりがあります。ITや通信系のエンジニアは、希望年収の格差は小さいですが、平均年収は比較的低い分類に入ります。

 
その点、医療系や化学、食品分野の転職者は平均年収こそ高いですが、実際は職場内で格差があることが現実です。勿論、社会全体で見れば、年収自体が高めですし、他の分野から羨ましがられるタイプの職業と考えられます。当然ながら、その羨ましがられる分野に転職することで、年収100万円の増加が期待出来ますから、転職希望者は平均年収が高い分野を目指すことがおすすめです。

 
成功したエンジニアの多数は、一つの会社で長く勤務を行い、能力が認められて出世したケースと、転職で条件が良く働きやすい仕事に出合えた二種類に分けられます。前者の場合は、今までの働き方では有効でしたが、現在は転職でより優位な仕事を獲得することが大切です。今後は、後者のケースが主流になりますし、既に転職で年収を100万円増加させた人達が次々と現れています。

 
技術者の強みは、技術が応用出来る分野が多く、能力と柔軟性があることで、他の分野にも転職が目指せる点にあります。IT分野であったり、機械系であっても、応用が利く程転職の選択候補が増加します。成功した転職者は、この強みと特長を活かすことで、現在勤めている分野と同じ転職先だけではなく、他の分野にも目を向けて年収アップの道が開けました。

 





 

キャリアアップするための最大の味方とは?

小さな収入の増加であれば、業績の良い企業を転職先に選べば、案外難なく実現出来る可能性があります。ところが、年100万円の収入アップともなれば、計画的に新しい仕事を探す必要性が高まるでしょう。転職を成功させ、年収アップの転職者になる為には、早い段階で将来の進む道を考え始めることが第一条件です。企業の大多数は、将来性と若さの両方を求めたり、即戦力になる経験がある人材を欲しているからです。

 
20代前半は、まだ経験を積む途中の段階ですが、後半に突入すれば身の振り方が問われる状況になります。転職が成功するか否かは、20代に入ってからの計画性によって左右されるので、早くから将来の自己像をイメージすることが重要です。目標が定まっていると、目指すべき方向性だけではなく、ステップアップの具体的な道筋も見えてきます。何となく働き、少しずつ経験が積めれば良いと考える場合は、受け身的で必ずしも転職の成功率は高まりません。むしろ、転職を考え始めた時は、年齢的に遅過ぎといったことがあり得ますから、早期にキャリアアップの重要性に気が付くことが必要です。

 
エンジニアの大半は、一生同じ分野で仕事をしたり、潰しが効かないと感じて現状に諦めがちです。本当は多様性や転職の道がある、そう気が付く切っ掛けがあれば、働き方に対して前向きになることが出来ます。成功者になる第二の秘訣は、自身を客観的に分析してもらえる、キャリアアップのアドバイザーを味方に付けることです。常に客観性が持てれば、自らの長所を伸ばしたり、欠点を補って成長することが可能となるのです。

 
『キャリアアドバイザー』という仕事が存在するのはまさに、人は客観的に物事を見るのが難しく、他者に分析を求める必要があることが理由の1つです。まずは、人を分析する技術を持つ専門家に、現在の能力と強みを調べてもらうことが、転職の成功率を高めるコツとなります。

 
最後に重要な点は、勤め先や周りの声に振り回されず、自らのペースで転職に踏み切るタイミングを見付けることにあります。例えば、会社の業績が落ちて、企業が傾いている状況は、職場を離れて新しい勤め先を見付ける切っ掛けになります。ただ、動機としては受け身的ですし、会社が危機に瀕してから判断するのでは遅過ぎです。また、先輩が新しい職場で年収が増えた、この話は転職を考える良い刺激になりますが、焦らずベストなタイミングを探ることが不可欠です。

 





 

転職成功者の特徴とは?

企業の状態に急かされたり、周囲の影響で焦って将来を決めるのは、決して良い勤め先が見付かるチャンスになるとは限りません。転職先の面接では、中途採用が検討される以上、即戦力重視で十分な経験が要求されます。エンジニアは特に、技術と経験が重要視されたり、過去の実績が強く評価される傾向の分野です。同じ年齢と経験を持つ人同士でも、必要に迫られるのと、計画的に面接を受けるのでは、面接官に対する自信の強さに差が出るのです。

 
20代前半は、キャリアアップの重要性を自覚して、目標を定め成長することが必要な段階です。3年から5年程勤めれば、基礎や応用が利く技術が学べたと判断したり、能力を活かす為の新しい仕事が探せる年齢になります。25歳以降であれば、経験と若さを武器に面接を受けたり、落ち着いて前向きに転職に挑戦することが出来ます。

 
将来に無計画のままでの勤め方は、働き方に関する全ての判断において、遅れやタイミングの見誤りが発生してしまうのです。仮に20代後半で年収の低さに気が付いても、直ぐに転職出来るとは限りませんし、焦れば失敗する恐れが強まるでしょう。実績作りに数年、転職先探しにも時間がかかりますから、今の職場や仕事に満足していても、早めに選択肢の可能性を探っておくことが、転職によって年収が増える成功の鍵になります。

 





 

成功者の条件

成功者に共通する特徴は、将来を人任せにせず、能力に自信を持って面接に挑んでいることです。情報を参考にしたり、キャリアアドバイザーから助言を受けることがあっても、それは自ら希望して選択している点が特徴です。最終的な行動の判断は、人任せにすることが出来ませんし、どのような結果になっても自己責任に違いありません。

 
成功は与えられるものではなく、掴み取るものと昔から相場が決まっていますが、働き方に関してももれなく当てはまります。計画や行動を開始する年齢、経験と実績を積む一定期間、それに基づく前向きな客観性と自己評価が揃う人こそが、これまで年収が増えた転職者の共通点です。人生の判断において、成功の保証はどこにもありませんが、成功者の条件を把握して満たすことで、年収アップの希望が実現出来る可能性が高められるのです。
 


中途採用で定評の高い転職エージェントをご紹介します。転職エージェントに登録すれば、自分の労力が格段に減る一方で好条件の転職先が見つけ易くなります。企業の内部情報なども手に入り、直接は伝えづらい給与交渉も代わりに交渉してもらえます。複数登録すれば、転職成功率も上がりスピードアップに役立ちます。
 










Follow me!

ピックアップ記事

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.