エンジニアにおすすめな転職エージェントと活用法

おすすめ転職支援サイト一覧

エンジニアとして職務経験のある人が、自分の職歴を活かそうとしたり、別のエンジニアとしての職場を探そうとした時には、次の職探しが難しいことがしばしばあります。一般的にそのような専門的なエンジニアとしての仕事はハローワークに出回ることが少ないですし、多くの企業は派遣会社に依存している場合もありますので、次の仕事を探そうとした場合には、一筋縄にはいきません。そのような場合にぜひ活用したいのが転職エージェントの存在です。転職エージェントとは、仕事を探している人と、有能な人材を確保したいと考えている企業をマッチングさせてくれる人のことです。

 

仕事を探している人は、まずは求人サイトなどに登録して、自分の学歴や職歴などを登録し、プロフィールや職務経歴書を完成させます。転職エージェントは完成されたプロフィールとその人の希望をもとに、有能な人材を探している企業にその人の売り込みを行います。結果として企業がその人のことを気になれば、面接や書類選考をする運びとなります。

 
一般的に職探しは、仕事探しをしている本人が、求人情報を出している企業を探して、自分で売り込みに行くのですが、この場合は転職エージェントがそれをすべて行います。転職サイトに登録しての転職エージェントの活用法は様々とあります。まず、求人サイトにおける転職エージェントの活用法の一つは、先に述べているように、企業とのマッチングサービスです。そのためには、細かで具体的な学歴と職歴が必要です。

 
学歴に関しては、どこの何系のどういった学校を卒業したのかを記載するとよいでしょう。企業に自分を売り込んでくれる人に見せるものですので、そこも重要なアピールポイントとなります。学歴からもその人の人となりがうかがえますので、就学中の出来事を整理して時系列で書くと、見ている人もわかりやすいでしょう。

 
学歴で主に見られる要素は、本人の時間的思考が見られます。学校は小学校で6年、中学校で3年、高校で3年、そのほか大学や専門学校があります。それぞれ決められた年数があります。その間に何をやり遂げたかで、企業は求職者の、決められた時間の中で成果を出せる人なのかどうかを判断します。決められた中で成果を出せる人を企業としてはほしいわけですから、学生時代で何か成果を残せなかった人は、学生時代に身についたことや、学生時代に経験して、今もなおそのことで役に立っていることなどを挙げるとよいでしょう。

 
アピールするときには、決められた時間や限られた時間を意識して学生生活を過ごしてきたことが相手に伝わればよいので、結果としてどのような成果を残すことができたかを具体的に言えるようにしていれば問題ないでしょう。勉学に関することでもいいでしょうし、部活動はこの点有利で、卒業までに目標としていたことや、その結果をまとめておくとよいかもしれません。

 
学歴に関しては、限られた時間を意識しながら、自分が成果に向かってどれだけ努力して大成できるよう努めたかをアピールしましょう。職歴については、日々の業務の勤勉さや創意工夫が見えるような工夫が必要です。自分が今の仕事に就いたころはどのような環境、仕事だったのか。自分が年月を経てどのように変わり、職場環境をどのように改善させていったかが、カギとなります。当然、自分の就業中の成果が問われることになります。いままで自分がしてきたことをまとめてみるとよいでしょう。できれば時系列で並べておくと、そのとき自分が何をしたことで何が変わったか相手に伝わるようにしましょう。具体的な数値が分かればなおいいでしょう。

 
これらの内容に基づいてエージェントは、企業との折衝を行います。大手転職サイトの場合、各プロフィールごとに、求職者に担当のエージェントがつくことあります。その場合事前に電話で簡単な面接とまではいかないまでも、電話での数分のやり取りがあり、プロフィールの各項目や、職務経歴書の確認作業を行うことがあります。ここでエージェントは、おおまかに求職者の人となりを電話の声の様子や言葉遣いなどを頼りに探っていきます。

 
エージェントの活用法は、電話でのやり取りにおいても重要な要素となりますので覚えておくとよいでしょう。就職活動においては、先ほどの書類選考とは別に、面接という壁もあります。面接が不安な人は、エージェントにその旨を伝えておくとよいでしょう。これもエージェント活用法の一つです。エージェントには不安なことはすべて話すようにしましょう。

 
もし面接に自信がない場合には、面接に際してどのようなところに注意したらよいか、よく相談するようにしましょう。万が一どうしても不安な場合には、エージェントに面接のロールプレイングをしてもらうことで、相手の質問への答え方や、話し方が分かるようになり、面接の際に自信をもって答えられるようになります。相手の顔が見えないエージェントとのやり取りを通して、一通り面接への知識や度胸をつけることができれば、実際の面接となった時でも、勇気をもって面接を行うことができます。

 
一般的にエンジニアとしての求人情報は、求人サイトでもハローワークでも出回ることが少ない職種もあったりしますので、一回一回の就職活動が重要になってきます。しっかりと準備して面接に臨みたいものです。転職エージェントは、いわば就職活動のコンシェルジュ的存在ですから、求職者が不安に負けることなく、自信をもって求職活動を行い、面接して、無事に希望する企業に就職できるよう応援してくれます。

 
大手求人サイトでは、メールでのやり取りや、電話でのやり取りも行うことができますので、気軽に時間があれば、電話してみるとよいでしょう。さらに有効な活用方法としては、自分の都合で求職活動を行うことができることです。自分が、今はまだ働いている身で、十分就職活動ができないとしても、求人サイトに自分のプロフィールを載せており、エージェントとやり取りを行うだけで、エージェントが求職者の代わりに仕事を探してきてくれます。

 
次の仕事が見つからないと、今の仕事が手につかなかったりして、就職活動中なかなか思うようにいかないことが少なくありませんが、転職エージェントに相談していると、そういった煩わしいことはエージェントがしていますので、勤務時間が終わるまでは、今の仕事に集中して、仕事が終われば次の職探しに集中して、時間も自分もうまくコントロールすることができます。

 
次の仕事を探すときには、気持ちがフワフワして、集中力を失いがちですが、自分に合う仕事はエージェントが探してくれたり、折衝を企業側としてくれますので、自分がたとえ不規則な時間帯の勤務だとしても、安心して日常生活を送ることができます。エージェントを活用する一番の活用法は、自分が仕事をしている時でも、エージェントが求職活動を自分の代わりにしてくれることにあります。

 
一般的には、自分が仕事が休みの日にハローワークに行き、仕事を探して、そこの会社がどのような会社なのかを調べて、面接の予定を組み、面接に行き、結果を待たなければなりませんが、転職エージェントを活用すると、求職者は、自分のプロフィールを作成し、行きたい会社を選ぶだけになりますので、自分の時間と労力を節約することができます。転職エージェントを活用して、楽に求職活動を行いましょう。今回ご紹介する転職エージェントは、知名度も高くエンジニアに特化した転職エージェントばかりを集めてみました。

もしあなたが管理職の転職を目指しているなら、今注目を集めている「JAC Recruitment」がおすすめです。JAC Recは専門分野別にチーム制をとっていますので、あなたの職種に関する様々な情報を理解することができます。その分、転職先への交渉が有利となり、さらに年収面でも大幅なアップが見込めます。大手優良企業への転職成功率は業界でトップクラスと言えます。自分の価値を見直してキャリアアップしたい方はぜひ無料登録してみてください。



中途採用で定評の高い転職エージェントをご紹介します。転職エージェントに登録すれば、自分の労力が格段に減る一方で好条件の転職先が見つけ易くなります。企業の内部情報なども手に入り、直接は伝えづらい給与交渉も代わりに交渉してもらえます。複数登録すれば、転職成功率も上がりスピードアップに役立ちます。
 











おすすめ転職エージェントはこちら!

20社以上の人材紹介会社を利用した私が選んだ転職エージェントベスト5

機械系エンジニアに評判の高い転職エージェントの特徴

メイテックネクストってどんな転職サイト?

DODA転職ってどんな転職サイト?

転職診断を受けて年収アップ!高評判の老舗転職会社とは?

年収UPや勤務地限定を希望するエンジニアの転職に評判の高い転職会社とは?

 

↓実はうちの子ども目が悪くて、コレやってます!✩証拠画像あり✩↓
楽々!視力アップマニュアル・トレーニングキット付き(CD-R&完成品トレーニングキット版)

ピックアップ記事

関連記事一覧

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.