なぜITエンジニアが転職すると年収アップする傾向にあるのか?

転職者の体験談

それだけITエンジニアに対する需要が大きいということです。年収がアップするということは、それだけ世間から必要とされているということの現れです。今はITエンジニアが不足しているといわれています。特にネット関係の仕事では革命ともいわれるぐらいの大きな変化が起きています。この変化に対応するために優秀なITエンジニアを獲得するということは、企業にとって至上命題ともいえるようなものになっているということです。そうしなければ企業の存続する危ぶまれるような状態になっていますから、転職したITエンジニアの年収がアップすることが多いわけです。簡単に言えば必要不可欠な存在だからです。

 

今はどこの企業もどんな分野の仕事をしていてもITとは切っても切れないことになっています。今は個人の生活にもITは欠かせないものともなっているぐらいです。そして、この激変はつい最近起きたばかりです。今企業はあらゆる情報をデジタル化して、効率よく情報が読み出せるように、利用できるようにしています。それには、ネットの利用というものは欠かせないもので、ネットから出入りする情報というものは膨大なものとなります。

 
この膨大な情報を管理し効率よく仕事が出来るようにするのがITエンジニアです。効率だけではなく、安全性にも配慮しながらすすめる必要性があります。今や多くの仕事がこの情報によってなされているためこの仕事というのは、とても重要で企業にとっては生命線ともなるのです。ですから、この仕事が出来るITエンジニアには多くの年収を払ってでも雇おうとするというわけです。

 
ITエンジニアは仕事の価値が近年急激にあがったということもいえるでしょう。データをそれほど重視していなかった昔はデータ管理など暇な人がやればいいぐらいの意識だったといえます。ですが、全ての情報がデジタル化されようとしている現代では、情報を扱うということの重要さが認められるようになったわけです。企業は一度情報が漏えいすれば、信用を失い存続が危ぶまれるようになりました。

 
国のマイナンバー制というデジタルデータ管理をすることを決めて、この制度でよりよい社会を作っていこうとしています。こうした時代の変化に対応できるのが、このITのエンジニアということなのです。今は会社の全ての部署のデータはこのITエンジニアによって管理され、システム化されていて、そのシステムがなければ機能しない、つまり仕事をすることすら出来ないというようなことにもなっているのです。

 
今の社会において仕事をするということは何らかのデータを扱うことであり、そのデータを管理し統括しているのは、このITのエンジニアということになるわけですから、このような重要な仕事をしているITのエンジニアの年収は上がって当然といえます。その分責任も重くなっているわけです。休日や夜間でも関係なく仕事の電話が入ってくるのは当たり前です。何しろ会社の全ての仕事の絡んでいるわけですから、その情報がどうなっているのかということは常にこのエンジニアにかかっているわけです。

 
そして、今はクラウド化という大きな課題が企業にはあります。このクラウド化というのは、ネット上でテータを管理するシステムの事です。これまで企業はデータを自社のサーバー上で管理をしていました。つまり自社のなかだけでデータのやり取りが出来るようにしていたのですが、これではお客さんに情報を開示することができませんから、お客さんのところに行くときには、データをノートパソコンなどの端末にいれて持ち歩くということをしていました。ですが、このデータをクラウド上に持っていけば、データを持ち歩くことなく、ネットに接続できる環境があればどこでも使用することができるというのが、このクラウドシステムです。これを出来るようにするのが、今のITのエンジニアに求められています。

 
簡単なことのように思う人もいるかもしれませんが、これはすごいことで、会社の中の情報をクラウド上に全て移管し、利便性と安全性を確保しながら使えるようにするということをする必要があるわけです。データを安全に使えるようにするということは並大抵のことではありません。何しろ先にも説明したように、データが漏えいしたりすれば、企業は成り立たなくなってしまいます。

 
今は多くのハッカーのような人たちがいて、常に狙っていますから、そのような人たちの攻撃を避けて、データを管理できるようにしたうえで、なおかつ自分たちが使いやすいようにする必要があるわけです。これまで、社内だけで管理していたデータをクラウドという全世界でデータがやり取りできる世界に持ってくわけですから、これがいかに難作業なのかということがわかります。何しろ社内のデータを管理するというだけでもエンジニアの年収がアップするぐらいの大仕事なのです。

 
そのデータを世界で使えるようにする仕事となると、これがいかに難事業なのかがわかります。ですが、この難事業をやらなければ、企業はこの先生き残ることができません。全ての企業がこの難事業に取り組んでいかなければならないのです。既にネットの利用者は世界で爆発的に増加していて、日々多くの情報がネットを介してやりとりされるようになりました。このような状況下でクラウドシステムなしで仕事をしていては、クラウドシステムを持っているところに勝てないのです。

 
お客さんのところにいってリアルタイムであらゆる情報を見せることができるところと、お客さんの要望をいったん会社に持ち帰って、その後再度訪問するということでは、勝敗は明らかです。ですから、クラウド化を早急に実現させて、使いやすくて安全なシステムを構築できるようにすることができるITエンジニアには大きな期待が寄せられているわけです。

 
今の仕事も重要な事は間違いありませんが、将来も重要な仕事となることが明らかなわけですから、年収が上がるのもわかるでしょう。今はITエンジニアの仕事なしでは企業はなりたたなくなっています。それほどに重要な仕事をしていて、今後もますます重要な仕事をすることになるとわかってるわけですから、経営者は少しでも優秀な人材を確保したいと考えているわけです。新卒でも転職でもとにかく優秀な人材が望まれているのが、この業界ということになるでしょう。

 
今の時代は情報の時代です。その情報を扱うことの出来る人材というものがいかに大切かが分かっている経営者が勝ち残っていくためには、仕事の出来るエンジニアを獲得することが不可欠です。

 
今後はさらに情報のやりとりというものは活発になります。家電などでもどんどんとIT化が進んでいて、冷蔵庫がネットに繋がってくるような時代となってきているわけですから、いかに情報というものが飛び交っているのかがわかります。今やジョギングをする時でもネットにつながった端末を持っているような時代です。スポーツ選手は心拍数がわかるような端末をもっていて、心拍数を常に測りながら試合をしたり、練習をしたりするようなことになっています。そうした情報もすべてネットを経由して管理されていくわけです。このことからも将来いかに情報というものが増えるのかということがわかるでしょう。情報化社会はまさに今進化している最中で、それを担っているのがこのITのエンジニアというわけです。

 
 


中途採用で定評の高い転職エージェントをご紹介します。転職エージェントに登録すれば、自分の労力が格段に減る一方で好条件の転職先が見つけ易くなります。企業の内部情報なども手に入り、直接は伝えづらい給与交渉も代わりに交渉してもらえます。複数登録すれば、転職成功率も上がりスピードアップに役立ちます。
 









Follow me!

ピックアップ記事

関連記事一覧

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.