メイテックネクストはエンジニアに特化した転職エージェント会社です
DODAは企業から直接オファーを受け取れるスカウトサービスを利用できる転職支援サービスです
ビズリーチは会員制のハイクラス求人を紹介する転職支援サービスです

 

個人で探したいなら「直接応募」の転職支援サービスがおすすめ

企業への直接応募はとても勇気がいる反面、自分自身でじっくり時間をかけて企業を選ぶことができ、また、すでに転職先の的が絞れている場合には、すごく効果的な手段です。私もかつて直接応募で転職に成功したことがあります。
 
一方で、上場企業など採用に厳しい会社になると一人で単独で動いてしまったために、良い結果にならないケースも見受けられます。まずは自分で求人を探してみたいという方も、1人での転職活動は不安を感じるという方も求人探しにはdodaを活用して自分に合った求人を見つけることができます。
 

年収600万以上を目指すなら「スカウト型」の転職支援サービスがおすすめ

転職活動というと、これまでは志望する企業に入りたい一心で、自分をその企業が求める人材を装っていた風潮がありました。しかし最近ではこのような姿勢変える転職の動きが流行っています。確かな目を持ったヘッドハンターがあなたのスキルを求めて、スカウトしてくるやり方です。
 
転職先の企業が即戦力と認めてくれたことを実感して入社出来る喜びが味わえる、それによって自信を持って転職できるメリットがあります。もし詳細を詰めていく中で自分が求めるものと異なっていたならば、次のスカウトを待つのもよいでしょう。スカウト型の転職サイトは入社してからのビジョンを企業とマッチさせることから転職活動を始めることができるのです。
 

会社にバレたくないなら「非公開設定ができる」の転職支援サービスがおすすめ

転職サイトの管理画面には、スカウト機能や会員を個別にチェックする機能がついています。ただ、この検索機能を使って転職を希望する登録者の検索を行っても、年齢や最終学歴、職歴は閲覧することが出来ますが、名前や生年月日、問い合わせ先、会社名などは非公開になっているため、検索者側は確認することが出来ません。さらに、転職サイトには登録した個人情報を特定の企業には公開されないようにする設定が出来るようになっています。そうすることで、今の職場の人間にバレないようにすることができるのです。
 

向こうからオファーが欲しいなら「ヘッドハンティング型」の転職支援サービスがおすすめ

ほとんどの転職サイトは、レジュメを「繋がりのある転職仲介業者」に有料で開放をしており、ヘッドハンティングなどの商用利用に活用させています。もちろん、情報公開するか否かはレジュメを登録した際に選べるので、はじめの設定で非公開とすれば情報公開されることはありません。
 
こういったヘッドハンティングは、転職を迷われている方や転職予備軍の方にとって新しい優遇条件を見つける良いきっかけとなります。転職予備軍の方はヘッドハンティング型の転職サイトに登録することが一番おすすめの方法となります。
 

入社して1、2年目で転職を考えているなら「第二新卒」の転職支援サービスがおすすめ

企業にとって、第二新卒は社会人としてベースとなる教育を受けた段階での入社を期待でき、今後の伸びしろもあるため、一般採用とは別枠で枠を設けているところも少なくありません。そこで今回、第二新卒として転職予備軍の人向けの求人を多数取り扱う転職サイトをピックアップしました。
 

エンジニアの知識を持って海外で活躍したいなら「海外専門」の転職支援サービスがおすすめ

海外で活躍できるような企業・求人を探すなら、海外の求人数が多数掲載されており、海外求人に特化した転職サイトに登録しておくと便利です。せっかく海外で働くための十分なスキルがあったとしても、求人先が見つからなければ時間的なロスが発生し、希望の転職先に出会えることはないからです。ここでは海外の求人に着目して定評のある転職サイトをピックアップしました。海外で求人を探す際には、エージェントの活用は欠かせない存在となります。
 

Iターン、Uターンを考えているなら「地方企業に強い」の転職支援サービスがおすすめ

今更ですが、Uターンは「地元に戻る」こと、Iターンの場合は「地方に行く」ということですが、Iターンの場合、自分が知らない場所で転職先を探すことになります。
 
地の利がない、情報が少ない状態での転職先の検討は想像以上にとても困難です。そのため、プロの転職エージェントを活用することはとても効率がよい手段となるのです。自分は自分の売りや書類整理をしっかりして、あとはプロの転職エージェントから条件にマッチする企業を紹介してもらうという進め方がおすすめです。
 

近くに転職エージェントの拠点が見つからないなら「全国対応」の転職支援サービスがおすすめ

確かに自宅付近やちょっと離れた場所に転職エージェントの拠点があれば、面談や打ち合わせなど便利です。
ですが、近くに拠点がないからといって転職支援サービスを活用しないという判断もまた正しいとは言えません。
それは、はじめの面談以外はほとんど電話やメールでのやり取りで事足りるからです。ある程度こちらの情報を
伝えてしまえば、あとはほとんど転職エージェントの拠点に足を運ぶことはないでしょう。

ただ、あるに越したことはないので、より全国に拠点を多く持つ転職支援サイトをここではご紹介します。
 

必ず登録しておきたい○○と○○のおすすめ転職支援サービスとは

中途採用だろうが、第二新卒だろうが遅かれ早かれ登録すると便利だと思う転職支援サイトをご紹介します。まずは自宅で情報収集からはじめようと思った時に、まずはリクナビやマイナビに登録することで、大体は事足りると思います。その2サイトの登録が終わり、ある程度情報が集まって整理出来た段階でdoda転職エージェントに登録すれば、スムーズに転職先が見つかることでしょう。

 

メカ屋からIT業界に転職したいなら「IT業界特価型」の転職支援サービスがおすすめ

実はメカ屋がIT業界に転職することは、鬼に金棒を持たせるようなものです。IT業界といってもシステムエンジニアやネットワークエンジニア、サーバエンジニアなどいろんな職種がありますが、相性が良い職種は組み込み系エンジニアとAIエンジニア、最後にWebエンジニアです。組み込み系は最も相性の良い職種で機械と電気が一人でできるスキルを身に付けたものとなります。AIおよびWebエンジニアは機械屋や電気屋どちらも踏み込めていない領域ですので、どちらを身に付けてもプラスの評価になります。

 

20代で転職を考えているなら「20代特化型」の転職支援サービスがおすすめ

20代の転職では、自分をアピールするだけでは内定がでることがありません。人事側としては下記のような不安があるからです。
 
・採用してもすぐやめないか
・スムーズに社員と打ち解けることができるか
・素直に学ぶ姿勢はあるか
・社会人としての基礎マナーはついているか
・自分で考え、自ら行動できるか
・ストレスに弱くないか
 
こういった不安をあなたは面接の場で払拭できますでしょうか?転職エージェントならば、あなたに代わって説得してくれています。20代こそ転職エージェントを最大限に活用できると言えます。
 

30代で転職を考えているなら「30代特化型」の転職支援サービスがおすすめ

30代が転職エージェントを複数登録をすすめる理由は2つあります。
 
・失敗したときに再転職しにくいため、用意周到に進めるべきであるから
・20代に比べて案件が少ないため、情報源を多く持つべきだから
 
リクルートエージェントの利用者データでは、転職決定者の割合は31~35歳で26%、36~40歳で10%まで低下します。
自分の条件に合う案件の母数を少しでもあげるために、エージェントを複数利用しましょう。
 

40代で転職を考えているなら「40代特化型」の転職支援サービスがおすすめ

40代はある程度仕事もこなし、管理職という立場にもなっているため多くの企業が即戦力として人材を募集しています。その反面、アピール不足やスキル不足などマイナス面を指摘されると転職の成功率がグンと下がってしまう危険もあります。そういったとき、プロの転職エージェントのアドバイスを得ることは、転職の成功の鍵となること間違いなしです。あなたが単独で動きあとで後悔しないためにも、40代だからこそ転職支援サイトを活用することをおすすめします。
 

その他

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.